2009年8月 9日 (日)

全日本女子

TVで放映されているバレーボール女子の試合
印象としては、栗原がネックか?
元々の瞬発力の無さが目立ち、威力の無いサーブとキレのないスパイク
サーブは相手レシーブを乱すことも少ないし、周りの選手が良い分物足りない気がする
人気は申し分ないけど・・・
あとは・・・竹下の高さをどうするか、かぁ?
技術的にもそこそこで、替わりとなるバランスのとれたセッターはいるのか?

でもまぁ、面白くなってきたよね

2009年8月 7日 (金)

バレーボール講習会

バレーボール講習会
先月19日開催された、小学生対象のバレーボール講習会
講師は東レアローズの皆さん
全日本女子のヨーロッパ遠征で不在の選手(木村さん他)を除き、監督はじめチーム全体でご指導いただきました
子供達が大喜びだったのは当然ですが、付いて行った俺の方がハイテンションだったかも(笑)
今年入団した長野出身の3選手、全日本ジュニアのメンバーでもあり注目していますが、同じ北信越の「可能性」にワクワクします
って、長野の方が数段上ですか?w
4コートに別れて講習が行われるなか、うちのチームの一人は大山さんとマンツーマンでパスをさせてもらったし(羨ましい…)
かと思えば、その子は小平さん田代さんのスリーショット写真まで撮らせて貰えて(撮ってる俺がニタニタ?)
ピンぼけでしたけど(笑)

東レアローズの皆さん、まことにありがとうございました〜!

2008年10月13日 (月)

バドミントン日本リーグ2008新潟大会

チケットを貰ったんで行ってきました、バドミントン日本リーグ

って言うか、オグシオを見に(笑)

Epsn0786
プログラム¥500







Epsn0781

小椋選手は欠場

ベンチ入りはしてたけど

足の故障らしい





森・潮田ペアの結果は、1セット23:21、2セット21:11のストレート勝ち

展開としては・・・

1セット目・・・序盤から相手高橋・長縄ペアにリードされ、並び掛けそうになるところにミスが目立つような内容

森選手のジャッジミスもあり、なかなか流れを引き寄せられない

しかし終盤、ポイント連取で追いつき、先に20点目を取ったのは森・潮田ペア

また、七十七銀行ペアも粘りをみせ20:21とひっくり返すが

三洋ペアは、ここ一番の集中力で再逆点(再々逆点?)

終盤逆点して勝てるのは、自力で勝っている証拠か?

2セット目・・・やっと潮田選手も調子が出てきたのか、1セット目とは動きが違うような感じ

逆に七十七銀行ペアは緊張の糸が切れたようで、スタートから5ポイントを連続で落とす

三洋ペアは、途中4ポイント差まで詰め寄られるシーンもあったが、終わってみれば21:11の大差で2セット目を獲り、セットカウント2-0のストレート勝ち

初めて国内トップ選手の試合を見たけど、動きが速いわ

世間的には・・・オグシオ+etc(スエマエとか?)なんだろうけどね

でね、やっぱ潮田さんはね、姿がキレイ

あの、バランスのとれた体格で、しなやか且つバネのある動き?

その動きにも無駄がないしねぇ

試合後、現役を続けるかどうか判らないような発言だったらしいけど

今回は遠めでしか見れなかったから、至近距離で見てみたい・・・

2008年5月23日 (金)

バレーボール、オリンピック世界最終予選

今日、初めて見たけど

日韓戦を見た限り、高橋みゆきを使うメリットはない

サーブカット、チャンスボールの処理、まったく気の入っていない小手先だけのプレー

滞空力もなく、ジャンプの頂点を過ぎて落ちながら力の無い誤魔化しの様なスパイク

まぁ、もともとがタイミングをずらしながらのコース打ちで、ブロックアウトorストレートを抜くのが持ち味だったとも思うが

あのジャンプ力では通用しない

体調のせいか故障があのるかは判らないが、あのようなぞんさいなプレーでは雰囲気を悪くするだけ

サーブも悪すぎ、2回連続でミスしたのも高橋だけか?

試合に対する、一球に対する真剣さが感じられない

(蛇足:眉毛・・・犬かっ!)

2008年4月18日 (金)

細~い眉毛

北京に向け頑張ってる皆さん、お疲れさん

しかし、いくらエステの会社が公式スポンサーだからって

競泳の伊藤さん? 中村さん? 等々

眉毛いじりすぎ、貧相でヒステリックに見えます

自信がないんですか?

2008年3月10日 (月)

無責任な期待ほど残酷なものは無い

cent . Force 所属の望月さんのブログで、昨日の女子マラソン(高橋尚子さん)についての記事があり

「頑張っている姿はかっこいい」と書いてありました

望月さん本人の過去と照らし合わせて抱いた感想みたいですが

それで、ついつい辛口のコメントを書き込みました

“Qちゃんはかっこつけすぎ” とか “シワシワの顔は、生体としてのパワー不足”とか

あとは、“期待に応えられないのが判っているのに認められないのは、弱い証拠”とか

最後に、“まぁ、Qちゃんは指導者タイプじゃないんで、現役にしがみ付くしかないんでしょうが”と散々けなしたら・・・

やっぱ、削除っす

でも、どうですか?

昨日のレース、Qちゃんは序盤で既に戦線離脱して?

中継では、解説の有森さんを除いて、み~んな期待的観測→希望的観測からものを言い

古田ならまだしも、加藤晴彦(だったっけ?)みたいなド素人が解った風なコメントをし

で、「苦しいながらも頑張っています!」とか言いながら、ず~っとTVカメラで追っている

期待も大きかったんでそうなるんでしょうが、痛々しいとか思わないんでしょうか?

諦めずに走っている姿を見て感動してるんでしょうが、実は、さらし者にしてんでしょ?

情けってものはないんですか?

本人も「まだ続ける!」って言ったらしいですが、もう全盛期まで戻すのは不可能です

失礼な言い方ですが、枯れはじめてますから、既に

一番辛いのは本人なんです、もう十分でしょう

彼女には、有森さんや弘山さんほどの賢さは無いんですから

2008年2月 4日 (月)

石川遼

周りの大人の食い物になってるなんて事、気づいてねぇだろな~

プロ転向でスポンサーも付き

「これで、プレーに専念できます!」みたいなこと言ってたけど

どうも、目立ちたがり屋みたいな感じだし、どうなんだろうねぇ?

まぁ、ゴルファーとしての素質は素晴らしいんだろうけど

大成なんかしないと思うよ

精々なれたとしても、ジャンボ並のレベルだと思う

多分あれだよ、ハリウッドの子役とおんなじ様な事になるんじゃない?

日本に於ける「スポーツを取り巻く環境」は、欧米に比べるとダメだからね~

タイガー・ウッズなんかにゃなれねぇよ

人間性の違い、追及する動機が純粋さに欠けるように見える

こんな予想、裏切って欲しくはあるけどね

2008年2月 3日 (日)

春高県予選 決勝

昨日に続き、今日も観戦

◎男子  巻 3 - 1 東京学館新潟

1セット目こそ学館新潟が先取したが、2セット目からは巻が連続で奪い、現時点での完成度が如実に表れる結果となった

攻撃の幅は格段に違い、学館新潟はエース#4が唯一頼みの綱

裏を返せば、#4石原(?)が前衛でないときは得点源が存在しない状態だった

かといって、巻が攻撃を確実にポイントにつなげられていた訳でもなく、学館新潟に欠点が多すぎたようだ

それに、両チームともリベロは戦力とは言い難く(少し学館新潟が良い程度)、ラリーもさほど続かない

基本技術が未熟であり、尚且つ、選手自体の身体能力も低い事から、なんともパッとしない内容

また、残念だったのが、4セット目の終盤

優勢だった学館新潟が度重なる失点で並ばれてしまい、とうとう逆転という時の学館側ネットタッチの判定に対し、石山監督(学館新潟)の副審に対する執拗な抗議(袖を触ってしまったらしい)で更に1点献上となってしまった事 (展開と得点が違っていました ・正→ペナルティで同点)

◎女子  新潟青陵 3 - 0 新発田商業

女子の方はほとんど事前情報無しでの観戦だったが、今年は男子よりレベルは高かったようだ

昨年の覇者新発田商業に対し、新潟青陵は終始リードを保ち、個人的な運動能力の差がそのまま総合的なチームの力量として表れていた

選手個人の体型などあまり比較してはいけないのかもしれないが、やはり、新発田商業側が相対的に絞りきれておらず

勝つための明確なビジョン、その浸透がなされていないものと思われる

しかし、男子に比べ球速が遅いこともあるだろうが、基本動作の正確性、特にレシーブ時の意図が明らかであり

それがトス回し、ゲームのスピード感へと繋がっているようだ

*今回、痛烈に感じた事は、(当たり前すぎるが)基本動作の正確性と取り組む意識の重要性

高校生レベルで活躍している選手のほとんどがジュニアからの経験者であり、その主軸となる個人が、チームのあらゆる場面で牽引役となっている

このことから、日ごろ携わっているジュニア段階は非常に大切な時期であると共に、その指導者としての重責を再認識した

2008年2月 2日 (土)

春高県予選

今日は、春の高校バレー新潟県予選を見に行ってきた

何回戦からあったのか分からないが、男女ともに今日は準決勝までで

決勝戦は明日行われる

なぜ決勝戦のみ残すかというと、テレビ放映(収録)用に応援席設営などの準備があり、事務局以外の都合が最大の理由と思われる

主に男子を見ていたが、どうもスピード感に欠ける退屈なゲームが多かった

それに、たいして上手でもなのにいい気になっていると言うか、そんなくだらないプレーがかなり見受けられ

ゲームの質に相当影響している感じ

やっぱ、今の若者に蔓延している、外見重視のライフスタイルからそうなっているんだろうか?

(って、大袈裟すぎる表現か?)

と言いつつ、去年の暮れの全国私立高等学校男女選手権大会では、東京学館新潟が初優勝を果たしているわけで・・・

まぁ、あれは偶然の産物と言うか、たまたまメンバーに恵まれただけと思うし

それに、その大会では1・2年生主体のチームも多いなか、学館新潟は去年の春高ベスト4の時と同じオーダーだし(らしい)

強くて当たり前だ

で、明日の決勝は、去年同様 巻 VS 東京学館新潟 のカード

この2校、たしか監督さんはどちらも巻OBだった気がする(違ったかな?)

巻といえば、俺が高校生の時から同じようなチームカラーで、軍隊もどきの様な雰囲気(訂正:少しオーバーな表現でした、今はかなり軟らかいです)

昔っからすっげー嫌い

当時は何回か試合もしたが、下手な割りにプライドが高いというか

センスも無い割りに、練習量にモノを言わせて粘るというか?

面白みも無いし、将来性も感じられない嫌なチームだった

かれこれもう10年くらい、県内では巻OBの監督さんが幅を利かせてるようだが、それだけ先生になってるOBが多いって事ね

明日はどっちが優勝するか分からんが、どっちも大したチームではない

監督さんも技術的な指導などムリらしいし

てことは、当分期待できないってことだな

2008年1月22日 (火)

今シーズン初滑り

行ってきました、初滑り

わざわざ苗場まで行ってしまうのは、まぁ、やっぱミーハーなんで・・・

ハプニングを期待いして、ってものどっかにあるんですけどぉ?

何にも起きねーよ、別段、いっつも

でも、新しいスキー板は、とってもグー!(40代の新人芸人さんがやってますね)

整地されたところでスピードを上げ、板に遅れないようにターンを繰る返していると、まるで雪面に吸い付くような感じでした

って、板は良いのですよ、板は・・・

問題なのは、先シーズン買ったブーツ

足に合わせて買ったつもりが、きつく締めている訳でもないのに履いた瞬間から土踏まずに痛みあり(泣)

インナーが馴染んできたり?ちょっと使えば大丈夫だろ! と思ってたんですがぁ

そのうち、リフトに乗ってると、顔をしかめてしまうくらいの痛みになり

滑走時以外はバックルを開放してやっても、やぱ痛いし・・・(「っ」抜きは演出です)

もう、かかとと、くるぶしの下から土踏まずにかけてがエライ事になって

とか言いつつ、そのまま放置し、昼食時もそのまま履いて

でも、食器を返却口まで持って行こうとしたら

痛くて歩行困難・・・

観念して脱ぎました、我慢しながら(脱ぐのも相当痛かった)

脱いでからも、また、そこらじゅうがピリピリして痛いのなんの

で、入っていた中敷を見つめ、「これ、簡単には痩せねぇよな〜?」などと数十分過ごした結果

やっと、中敷を使わない方法を思いつきました!

早く気づけよ!俺 

昔っから、苦痛を我慢してしまう事が多いんですよね

中学のときなんて、部活の練習中に「突き指」と思っていたのが

実は骨折で、レントゲンも撮らないまま治療してもらってたら

化膿して、指の先端の骨が腐って無くなりそうになったりもしたし

まぁ、痛みなんて人と比べる事もできないので

母には「根性なしが!」って言われてますけどぉ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31