« タコ様? | トップページ | 「原田龍二」という名前 »

2019年6月 1日 (土)

真理とか悟りとか

この前、ユーミンのラジオを聞いて、改めて思ったのは…


このブログでもたまに出てきたりはするんだけど

「真理とか悟りとか」、そういう類いの言葉はとても強い印象があるから、あんまりつかいたくない…と

自分では確信を持っているつもりでも、それが正解じゃない場合もあるし

また、その“確信”てのも、経験上?感覚的に?多分こうなるはず…って感じだし

世の中に蔓延する「強い言葉、短いフレーズを断言し、押し通す」ってのも反感あるし

まあ、宗教学的な勉強もしたことないから、知ったかぶりも怖いから?

“逃げ”に聞こえるかもしれないけど



て事で

「居眠り磐音」の、なんとか屋での殺陣のシーンにはもう、ゾクゾク👅ね

だから逆に、“あんなん持ったら何やらかすか分からん、刀っておっかねえ💦”と痛感

武器なんて危ない危ない💦

(lll´Д`) 

※追記(19:35)

仮に俺が監視されていた場合、「殺陣のシーンにはゾクゾク👅ね」なんて書くと“異常性”とか“危険性”を指摘される可能性もあるけど、食い付くのかわざと書いた。

でも、“あのシーン”を見ればほとんどの人が“ゾクゾクする”くらいの出来かと。それだけに、人間とは“そういった要素”を内包しているんじゃないかとも思う。(っていう、プロモーション込みの記事💦)

« タコ様? | トップページ | 「原田龍二」という名前 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タコ様? | トップページ | 「原田龍二」という名前 »