« 親という絶対的な存在 | トップページ | 明石家さんまさん »

2016年12月26日 (月)

あ!付け加えるの忘れてた

(最初考えてたのは)
親が自分の考えを一方的に押し付け、子供の人間性を理解しようともせず暮らしていると
新潟市であった「高校生の自殺」等の事例になりかねない
俺も自殺未遂を含め数回死に損なっているけれど、条件によってはどうなっていたか判らないし
いくら自分の子供が弱虫で怠け者に思えても、小言を言うばかりでは「死ね!」と言ってるのと同じかもしれないし
それで、自殺してから嘆くのでは、何やってんだwって感じ
何度でも言うけれど、(怨みや心中で行う場合を除いて)自殺は「死ぬことでしか気が休まらない」極限状態なのだと思う
だから、子供の自殺では、親が被害者ではないはず
いくらイジメられていたとしても、社会生活上相手が100%悪いなんて事有り得ない
だから、「イジメる方が100%悪い!」って主張しているそこらのゲーノー人モドキには、嫌なら辞める選択をお薦めする
最終的に自分の命を守るのは自分自身だ

« 親という絶対的な存在 | トップページ | 明石家さんまさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/68999003

この記事へのトラックバック一覧です: あ!付け加えるの忘れてた:

« 親という絶対的な存在 | トップページ | 明石家さんまさん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30