« 菅官房長官 | トップページ | 親という絶対的な存在 »

2016年12月26日 (月)

蒼氓(そうぼう)/山下達郎

最近のSunday songbookを聴いていると、度々「龍が如く」って人気ゲーム最新版に山下達郎さんの楽曲が使われている、という話題になった
で、その中でも「蒼氓(そうぼう)」は、内容も曲調もとても鈍重で印象的な曲
久しぶりに聴きたくなって、95年発売のアルバム「トレジャーズ」を引っ張り出して…
年齢を重ねるにつれ経験も増すので、歌詞の内容がまた一層クリアに入ってくる感じ
今とても響くのは
「憧れや名誉はいらない
華やかな夢も欲しくない
生き続ける事の意味
それだけを待ち望んでいたい」の言葉
仲間外れには慣れているけど
元々子供の頃は甘えん坊だったし
痩せ我慢することで
「さみしさは琥珀となり
ひそやかに輝き出す」的な
そんな展開に出来ているんだろうか?w
σ( ̄∇ ̄;)
17:17w

« 菅官房長官 | トップページ | 親という絶対的な存在 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/68997551

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼氓(そうぼう)/山下達郎:

« 菅官房長官 | トップページ | 親という絶対的な存在 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28