« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

ゴルフで御座る

何がゴルフかって言うと
仕事が・・・です
まぁ、単にゴルフ場で働いてるだけですけどね
ゴルフなんて、10年以上前に2〜3回コースに出て
「性に合わん!」と、人生で唯一断念したスポーツだったわけでして・・・
「年寄りのスポーツだろ!」と負け惜しみをね
しかしです、コースの説明とか時間の管理とか?
自分でもやってみない事には、具体的にイメージ出来ないって事で
そのうち、また始めないといけない状態なんです
金が要るぅ〜↓↓

2008年3月28日 (金)

朱鷺メッセにて

Epsn0732









にいがた酒の陣会場の朱鷺メッセから、萬代橋方面を望んだショット

って、実際に見えているのは柳都大橋ですが

会場内には、美味しいお酒でいい気分になっている人が大勢いますが

心地良い風に吹かれて(ちょっと寒かったけど)、水辺の景色を楽しんでいる人もいます

当日はお子ちゃま連れの姿もあり、なんとも微笑ましい光景は、格好の被写体としても楽しませてもらったりして

Epsn0730
















で、こんなお客さんもあります

カモメ

誰かが投げた餌で寄ってきたのかな?

Epsn0727

2008年3月27日 (木)

時期はずれですが…

今更ですが、月下美人の画像です

Epsn0694







去年の9月でしたっけ、約束したのは?

Epsn0696








ピンボケですが

こんな感じのつぼみが、しだいに大きくなっていき

ある日、一夜限りの大輪の花を咲かせます

気付くと、見る見るうちに大きく開いて

ほんの数時間でしぼんでしまう

見事な美しさですが、まさに儚い命です(↓これもピンボケ)

Epsn0700

2008年3月25日 (火)

Sweet Rain 死神の精度

昨日、レイトショーで観たけど、お客は俺を含めて5人

あんまり人気ないのかぁ?

感想から言ってしまえば、そんなに感動的な展開もなかったしね

まぁ、印象的だったのは、小西真奈美さんくらいか?

あの、幼気(いたいけ)な小動物的雰囲気?には

「守っちゃるけん!!!」って思わずにはいられないし

でも、主役の金城武さん、あのモッサリしたテンポの台詞回しが気になって・・・

それに、藤木一恵とかずえじゃあさぁ、キャラ的に強引すぎねぇか?

って、余計な心配が纏わり付くし

原作は面白そうだけど、ちょ~っと・・・失敗かぁ?

個人的には、青山(村上淳さん)の方を主演にした、コメディ版死神の精度が観てみたい

収穫は、藤木一恵さんがと~っても歌が上手かった事かな?

2008年3月24日 (月)

誰でもいいなら・・・

殺人を思いたち、その対象が誰でもいいのなら
いっそのこと、自分を殺してみたらどうだ?
普通の自殺とは動機の上でしか違わないが、殺される人の痛みも同時に解る
もしかしたら、殺される恐怖まで体験できるかもしれない
人を殺すくらいなら、まず自分自身を抹殺してみろ
死ぬ理由が無くとも自分で死ね
誰でもいいならやってみろよ
(これも過激か・・・?)

2008年3月22日 (土)

うざい!

え~、先日、会社へ提出するために、某総合病院で健康診断を受けました

いくつか検査を受けた後受付で待っていましたら、30代半ばと思しき男性が5分以上携帯を操作してまして・・・

まぁ、その場所は精密機器もなくお年寄りもいませんでしたので、「いい歳して、片時も携帯無しでいられねぇのか?」と、気づかない振りをしていましたが・・・

しかし、内科の問診を受ける際、内科待合室でもその男性はずっと携帯をいじってまして

あんまり人前で恥をかかせるのも気が引けましたが、大勢の診察待ちの人の中には高齢者も多く、仕方なく小声で

「ここで携帯いじるのはまずいでしょう?」と声をかけ、その男性もすぐに携帯をしまいました

それで話が終わりなら良かったんですが・・・

10分ぐらいして、一人のやんちゃ系女子20代前半?がお出ましになり・・・

その女子、俺の1mくらい離れた所に座ったと思いましたら・・・

斜に座って脚を組み、おもむろに携帯を操作し始めました・・・

そういうバカ女の類は大嫌いなので、かかわり合うのは真っ平御免なのではありますが・・・

さっきの男性には注意しておいてぇ?

でも、知らんぷりしていれば、皆さんに

このバカ女には注意しねぇのか! 難しい相手にはシカトすんのか! この偽善者が!

って言われかねませんしぃ? 渋々言いましたよ

「あんまり言いたくないけどさ、病院で携帯いじるのは良くねぇんじゃねぇ?」と優しく

そしたらそのバカ女、俺の顔も見ずに無言で携帯をバッグに入れ

不機嫌そうにしているわけです

すかさず、「電源も切れよ!」と続けましたら・・・

『うざい!』って、人様の人格を全否定するような台詞を

うっすい眉毛してぇ? 不っ細工な面でぇ? 横っ腹から肉をはみ出してるくせしてぇ?

生意気にも言い放ってくれました

絵に描いた様な「バカ女」ぶりに、“絶句とはこのことだ”と思いましたが

俺も、「はいはい、おめでとうございます!」と嫌味を・・・

しか~し、その後も沸々と湧き上がる怒りは抑えきれず

すぐに、無言でにらみつけました、1分くらい

そういう時、女性は敏感ですねぇ

ターゲットのバカ女はしばらく我慢してましたが、先ずターゲットの向こうにいるおばあちゃんが完全に背を向け(おばあちゃんを睨んでいる訳じゃないですよ)

すぐに、そのバカ女も背中を向けました

それでも、ふざけたことぬかしたバカ女を赦せず

「おい、口の利き方勉強せえや! デブ!!!」

とうとう言ってしましました・・・・・・・

いやはや、こんなバカ女が増長できるのもおかしいが、のさばらせている男共も責任重大だぁ・・・

まぁ、そのバカ女にすれば、差し詰め俺は迷惑なオヤジなんでしょうけどぉ?

・・・率先しての憎まれ役も、なかなか辛いんです

2008年3月20日 (木)

にいがた酒の陣 ②

利き酒チャレンジ大会~!

(デンデンデンデン、パフパフ)

酒の陣当日(1日目のみ)、開場後まもなくしてから入場者に

「利き酒チャレンジ大会へ参加募集」のアナウンスがあり、20人弱の定員で先着順に締め切られる

俺も、過去2回参加したけどねぇ、なかなか難しいのだよ

だいたい、利き酒チャレンジ大会にエントリーしたにもかかわらず、目の前の誘惑には勝てないんだよね

ついつい、いろんな銘柄を試飲したくなっちゃうんだわ~

利き酒チャレンジ大会の開催時刻が13時?

調子に乗って試飲なんかしてると、本番の頃には、上手~い具合に感覚も鈍くなってんだね

これがまた、自分では気づいてねぇんだな

Epsn0709 A群とB群のテーブルに

吟醸、原酒、純米酒

甘口、辛口、本醸造

の6種類があり

時間を決め、2班で利き酒

で、解答用紙に「A群 1番→B群(  )」と、6種類を記入するわけです

Epsn0714 最初の感覚が頼りで

「な~んか微妙・・・」

なんて何回も比べると

だんだん判らんようになる

女性も果敢に挑みます

2008年3月19日 (水)

紅梅

今日もお疲れモード

今週からまた働きに出てます

ってことで、今日の画像は~~~

これだっ!

Epsn0752_2 梅ちゃん

玄関前の(3月16日撮影)

時期的には

もう見頃を過ぎたけど

これも

じいちゃんが植えたやつ

2008年3月17日 (月)

雪割草

今日は、こんなんで勘弁しておくれ~

Epsn0751
















亡くなったじいちゃんが、10年以上前にうちの山から庭先に移植したもの

他の木の根元にあるんで、いい具合に日光が遮られて生育しやすいみたい

キレイら~

2008年3月16日 (日)

にいがた酒の陣

15~16日の「にいがた酒の陣」、昨日行ってきた訳ですが

いつもながら、すっごい人出でした

Epsn0722









新潟県内のほとんどの酒蔵が出展していて、いろんな銘柄が一度に試飲できるおいしいイベント

県内外からのお客さんでごった返すなか、有名な銘柄を中心に1/4くらいを試飲しまいたが

ついで貰う度に、「少しでいいです、とととsweat01」と遠慮しながら

ほとんどの場合、香りを嗅いでから少し呑んで、で、余った分は捨てました

もったいないけど(普通なら飲み干すんでしょうねぇ)

俺なんて、注がれたお酒をいちいちぜ~んぶ呑んでいたんじゃ、味もすぐ判らなくなりますし、致死量(んな大袈裟な・・・)に達しかねないですから

新潟県育成の酒米「越淡麗(こしたんれい)」を使用した大吟醸酒も、会場内限定で試飲・販売がありましたけど

すこ~し味が足りないような気がして・・・(贅沢言うなっ!?)

そんなこんなで、会場内を何回もグルグル回っていたら、やっぱりいました、知り合いの人が

今回は、地元の後輩

知らない間に、某酒蔵の従業員になってたりして

そうそう、こんな有名人もいたっ!

Epsn0748
















コメパンマン・・・ でしたっけ? smile

つづく

2008年3月15日 (土)

もう酒要らね〜↓↓

酒の陣会場で3時間?
たいして試飲もしてねーけど、もう酒要らん・・・
最初の1時間しか飲んでねーし(って、ほとんど舐めてた様なもんすけどぉ?)
道場の六ちゃんも、酒飲みながら喋ってるし・・・
こりゃ、実演なんてねーのかな? 俺の勘違いか?
六ちゃん、ただの酔っ払いですけどぉ?
うぉっ! これから料理の実演やるんだってさぁ↓↓

*道場さん、料理の実演で手元がスクリーンに大写しされてましたが、一切手さばきが狂うって事はありませんでした

さっすがその道の第一人者、そんじょそこらの父ちゃんとは違います!

Swing Out Sister

毎朝、FMラジオを聴いているけど

土曜の「 SATURDAY ON THE WAY 」、伊津野さんとトムセンさんの掛け合いが好きです

そして、サタデイ・モーニング・フィーヴァーのコーナーは、洋楽のリミックスが聴けるので大好き

いつも、3曲がノンストップリミックスになっていて、その中には80年代の曲もよく使われ

今日は Swing Out Sister の曲もあり、嬉しい反面、だいぶテンポが速くなっていて微妙な感じではありましたが

Swing Out Sister は結構好きで、12年前?ライブツアーにたまたま新潟もあり観に行きましたな~

新潟県民会館の大ホール、席はP2列=純然たる2列目(1列目の前に、P列が4列くらいある)

ヴォーカルのコリーンの顔も、ハッキリクッキリバッチリ見えて

オープニングから“カッコいい~heart01”とノリノリだったんですが・・・

そのうち、ステージのまん前をカメラマンの女性がウロウロし始め

その人、コリーンを中心に写真を撮っているらしいんですが、もうウキウキワクワクなのか腰をフリフリして全身でノッテました

でぇもぉ、その女性の体型? 大変申し上げにくいのですがぁ?

なんと言いましょうか、まるでビア樽という表現がピッタリでして・・・

そのノリノリの様子を見ていると、樽が自分で中身を攪拌している?みたいな

俺としてはぁ? Swing Out Sister はスタイリッシュな雰囲気も大事な要素だと思っていたのでぇ?

だんだん腹立たしくなってきた訳ですよannoy

そうするとね、俺の表情が確認できる位置にいるコリーンも、な~んか妙に硬い表情でこっちを気にしてましたっけ

で、そのカメラマンさんが俺のすぐ近くまで来た時、ついつい言ってしまいました

「じゃまっ!!!」(睨みをきかせながら・・・)

まぁ、今から思えばぁ?そのカメラマンさんも仕事としてその場にいた訳でぇ?

当の Swing Out Sister も、当然了解していた訳ですしぃ?

ほんと、若気の至りって気がします(って、もう30歳だったんでその言い訳は・・・)

2008年3月14日 (金)

明日の予定

明日は、朱鷺メッセで開催される「新潟酒の陣」に行きます

今回が5回目の開催で、行くのが2年ぶりの3回目?

『新潟県内の酒蔵が一堂に会す清酒の祭典』で

約500種類の清酒が試飲できる機会なんて、他にはそうないでしょうね

前の2回は、チャレンジ利き酒大会への参加が大きな目的でしたが

最高でも4位がやっとで、いくら味が判ると言っても、アルコール類に弱いとう点は克服できませ〜ん

ということで、今回、利き酒大会には出ようと思ってませんから

でもね、「酒なんてイメージ商品だ!」って、知り合いの杜氏さんが言ってました

本当に酒の味が判る人なんて、たいしていないんだそうです

まぁ、会場で試飲している人の感想に聞き耳を立てても、どこかで聞いたような台詞をちぐはぐな感じで口にしていますしね

明日は、道場六三郎さんのトーク&料理の実演なんかもあるそうで

どれほどのお人か、ちょ〜っと拝見いたしやしょうか

農作業でバランスをとります

プライベート、仕事以外で人と接する時は全然意識しませんが

それが、仕事となると、いろんな事を考えすぎて自分に負けてしまう

自分の理想を他人に押し付け、思い通りにならない事に悲観し

周囲の人に抱いた過度の期待から、その人を勝手に低く評価しているのか?

と思い込むことで、自分の至らなさをすり替えているだけなのか?

更に言えば、こういう思考自体、マンネリズム?

いくら考えても答えは出ない

外へ稼ぎに出ていないので、唯一、農作業で家族に貢献(大袈裟だね)

体を動かしながら自分を検証しようとすると、結構プラスな方へ意識が向いていく

今週に入り、だいぶ暖かくなってきましたし

雪割草も咲き始めました

ゆっくりでも前に進みたい

来週には、また面接の結果が出る

2008年3月12日 (水)

なんだかね~

東京FMのSKYで、なんか変なこと言ってる

アフリカのケニアでグリーンベルト運動が行われている、らしいんだけど

それはいいですよ、とってもいいと思います

でも、何が変かと言えば・・・

日本で開催されるコンサートを見に行くと、コンサートチケット代から1㌦分の寄付が自動的にされるらしい

そのコンサートは、もともとそういう目的で開催されるんですが

番組内では、「実際にケニアまで行くことはなかなか出来ないですが、このコンサートに参加することで苗木を植えられるんです!」みたいなレポートだった

俺、思うんだけど

ケニアの緑化に貢献できる事自体はいいとしても、そういう実体の見えない事に参加するだけでいいのか?

本当に役に立ちたいと思うなら、直接ケニアの実態を見行くべきじゃないか?

そんな、雰囲気だけで良い事した様な気になれる、そういうお気楽お手軽な感覚がダメなんじゃないのか?

日本国内にだって、いろんな問題があるだろ?

自分が生活している地域で起きている事には目を背け?

外国で起きている、判り易い問題に逃げるのか?

まぁ、人様の役に立つ事を批判するのはお門違いかもしれないが

コンサートを開催するのもいいけど、自国のダメな部分にもアクションを起こすことも大事なんじゃないの?

どうよ?関係各位様

2008年3月11日 (火)

勘違い

スポーツ選手、芸能人、アナウンサー、現代人女性

やっぱさ、チヤホヤされれば勘違いするわな

あんたたちが持て囃されてんのは、下心からですから(残念!)

あんたたちに媚びてんですよ

ヨイショしてベタベタしてる自覚があるから、期待を裏切られるとバッシングに変わるんです

いい加減解れよ、いいもん持ってんだろ?

甘い言葉しか吐かない奴は、疑ってかからないとね

2008年3月10日 (月)

無責任な期待ほど残酷なものは無い

cent . Force 所属の望月さんのブログで、昨日の女子マラソン(高橋尚子さん)についての記事があり

「頑張っている姿はかっこいい」と書いてありました

望月さん本人の過去と照らし合わせて抱いた感想みたいですが

それで、ついつい辛口のコメントを書き込みました

“Qちゃんはかっこつけすぎ” とか “シワシワの顔は、生体としてのパワー不足”とか

あとは、“期待に応えられないのが判っているのに認められないのは、弱い証拠”とか

最後に、“まぁ、Qちゃんは指導者タイプじゃないんで、現役にしがみ付くしかないんでしょうが”と散々けなしたら・・・

やっぱ、削除っす

でも、どうですか?

昨日のレース、Qちゃんは序盤で既に戦線離脱して?

中継では、解説の有森さんを除いて、み~んな期待的観測→希望的観測からものを言い

古田ならまだしも、加藤晴彦(だったっけ?)みたいなド素人が解った風なコメントをし

で、「苦しいながらも頑張っています!」とか言いながら、ず~っとTVカメラで追っている

期待も大きかったんでそうなるんでしょうが、痛々しいとか思わないんでしょうか?

諦めずに走っている姿を見て感動してるんでしょうが、実は、さらし者にしてんでしょ?

情けってものはないんですか?

本人も「まだ続ける!」って言ったらしいですが、もう全盛期まで戻すのは不可能です

失礼な言い方ですが、枯れはじめてますから、既に

一番辛いのは本人なんです、もう十分でしょう

彼女には、有森さんや弘山さんほどの賢さは無いんですから

ダメな人

政治家、官僚、財界人、医者、先生、一般人

ダメなやつが多いけど(じゃあ、テメエはどうなんだよ! ってか?)

もっともそうな事言って偉そうにしてますが、だいたい、根本がダメですから

欲深い奴は自分の損得で物事判断して、み~んな踏み外す

人間性の問題、もともとそういう人なんです

それでもって、類友

ダメな奴には、面白いようにダメな奴がくっ付いてくる

負の連鎖って程大袈裟でないにしても、そんな感じですよ

そろそろ、いろんなところで世代交代になっていくんじゃないですか?

若けりゃやり直しがききますが、自分を変えられる人なんてそうそういませんしね

循環型社会ってことで、早く人生終わってください

来世に期待しましょう! そういう人は

そういった意味での再チャレンジか?(笑)

2008年3月 9日 (日)

ああ、そうそう

忘れてた

この前、42歳になりました

うそ、あと○○日でなります(これもうそ? 笑)

とりあえず、そんな感じです

おやすみなさい

大前繁雄

衆議院議員

ネットのニュースで、イージス艦衝突事故について発言した内容が載っていたけど

何を考えてるんだか? まぁ、思うのは自由だけど、このタイミングでの発言は「バカ」としか言いようがない

どんな顔をしてるか気になったんで、ホームページをのぞいて見たら・・・

あんな顔してる人じゃぁやりかねないねぇ、低俗な人間でしょ

まぁ、こんな人を選出してる地域の人も、多かれ少なかれそういう傾向にあるんじゃね?

政治家もダメだけど、あくまで国民の代表ですから!

解るか? ぐうたら日本国民

なんざんしょ?

さっき、アクセス分析の生ログを確認してましたら

今日の午後に、複数の記事を見ておられた方がありまして

で、その方のアクセスログをみていて「!?」な事が

言語が「es(spanish)」って?

スペイン? スペイン語?

この半年くらいの分析をみても、常に外国語のアクセスが1%くらいありますしぃ?

いよいよここも、ワールドワイドってやつぅ?(アホか!笑)

2008年3月 7日 (金)

チケット予約した

窈ちゃんとカエラちゃんのコンサートチケット予約した

会場の新潟県民会館は、あんまり音響の具合?反響?良くないんだよね〜

いつも思うんだけど、抜けが悪いって言うか、大音量だとヴォーカルが聴こえにくい

まぁ、愚痴はこれくらいにして

窈ちゃんのコンサートは2回目、カエラちゃんが3回目かな?

カエラちゃんて言えば、去年のライヴツアーは新潟だけが2デイズで

よっぽど新潟のことが気に入ってるのかと思えば、「大人の事情」ってカエラちゃん本人がMCで言ってたなぁ

でも、一昨年のコンサートでは、突然起こったバースデーソングの大合唱に泣き出しちゃったりなんかして

新潟が嫌いってことはないと思うけど、照れ隠しか?(と都合良く解釈)

今回、ホールライヴを初めて観れるってことで、どんな感じになるか期待してまっす

あっ、窈ちゃんの新譜も買ったから、CDとDVDで徐々にテンションup で行こうと思いま〜す 5:55

2008年3月 5日 (水)

柳 美里さん

昨日、お昼の番組、「スタジオパークからこんにちは(NHK)」を視ていた

この番組はもう何年も続いていて、時間があるときは結構視ている

民放にはおよそ出演しないであろう人物が出演する事もあり、テレビを通しての「衝撃的な出会い」もあったりする

で、昨日のゲストは柳美里さん

作家である事は知っていたが、小説なんて全く読まない俺としては

何年か前に視たTVで、「シングルマザー、その不倫相手はもう亡くなっている、過激な事を書いているのかサイン会なんかが妨害されてたらしい・・・」くらいの印象だった

しかし、番組では、終始アナウンサーの人と笑顔で受け答えをし、しかも、その波乱万丈の人生を淡々と語っていた

著書の内容なんて全く知らないが、

「自分の良心に出来るだけ忠実に生き、そして、いろんな経験を肯定的に受け入れている」ような印象だった

でも、柳さん自身は「思考がとても後ろ向き」と言ってはいたが

文章を書くことで精神的なバランスが取れている、という内容のコメントもあって、それは、

「子供の頃苛められていた時、それを文字で書くことによってストレスを逃がしていた」

その時の感覚となんら変わりはないのかもしれない?・・・のだとか

・・・少~し俺と似てるところがあるかも?(って、俺、子供の頃苛められてもいないし、作文大っ嫌いだったよぉ?)

俺ってとっても石頭なんで、だいぶ偏見をしがちなんだけど

今回の番組を視て、な~んか柳さんに興味があるから

今度、柳さんの本読んでみようか?

阿佐田哲也さん(故人)に会いたい!ってコメントにも興味あるし

「スタジオパークからこんにちは」、とってもお得な情報が時々あります

暇人じゃないとなかなか見れない時間帯だけど(笑)

2008年3月 2日 (日)

石破大臣

石破大臣のことは以前から好きではなかったけど、嫌いって程でもなかったので

今回の、イージス艦衝突事故での対応、国会での答弁にはがっかりです

石破さんのゆっくり丁寧に説明するような口調、皆さんはどういう印象を持っているか分かりませんが

もともと、あの人の口調を表情と併せて見ると

「ったく、こんな事も解らんのか? あ~? 俺の説明に付いて来れっかよ?」

と思ってるのが判るんで、俺は良い印象を持ってはいなかった

喋れば喋るほど、傲慢さというか不誠実さが浮き彫りになってくる

口裏合わせ、隠ぺい体質なんて囁かれているけれど

どんな事故があったって、誰が困っていたって、所詮他人事(ひとごと)

犠牲になっている、命を危険にさらしている国民の痛みなんて分かるはずないんです

と言いつつ・・・

要は、イージス艦の乗組員も、政治家先生も、公官庁の高級官僚も、財界幹部も

挙句の果てに、ほとんどの日本国民までが

『 自分は特別な存在 』と無意識に思ってるんです

何かにつけ、やれ「品格がどうとか」って他人を酷評してますが

社会全体、国民みんなの連帯責任です

2008年3月 1日 (土)

チケット購入

一昨日の記事に書いたライブチケット

今日が発売日だったんで、早速、午前中にローソンで確認後購入

会場は狭いし立ち見だけど(カッコよく、オールスタンディングって言え!ってか?)

でも、ステージから近いんで臨場感はバッチリだし、しかも、お値段控えめってとこが◎

そして・・・

学習しましたよ、さすがに

購入枚数を1枚ずつにしました、立ち見だし

ここんとこ何年間か、ず~っと2人分のチケットを用意していたにもかかわらずぅ?

ま~ったく一緒に行ってくれる人がいなかったんで、い~っつも凹みながら会場まで行きましたし

誘ってあった女性が都合つかなくなったり、結局、男友達にもドタキャンされたりで

いい加減諦めた、独りでも楽しけりゃいいのだ

映画と音楽と時々妻ちゃん

それで十分なのだ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30