« 打てど響かず | トップページ | ボーン・アルティメイタムを観て »

2008年2月 3日 (日)

春高県予選 決勝

昨日に続き、今日も観戦

◎男子  巻 3 - 1 東京学館新潟

1セット目こそ学館新潟が先取したが、2セット目からは巻が連続で奪い、現時点での完成度が如実に表れる結果となった

攻撃の幅は格段に違い、学館新潟はエース#4が唯一頼みの綱

裏を返せば、#4石原(?)が前衛でないときは得点源が存在しない状態だった

かといって、巻が攻撃を確実にポイントにつなげられていた訳でもなく、学館新潟に欠点が多すぎたようだ

それに、両チームともリベロは戦力とは言い難く(少し学館新潟が良い程度)、ラリーもさほど続かない

基本技術が未熟であり、尚且つ、選手自体の身体能力も低い事から、なんともパッとしない内容

また、残念だったのが、4セット目の終盤

優勢だった学館新潟が度重なる失点で並ばれてしまい、とうとう逆転という時の学館側ネットタッチの判定に対し、石山監督(学館新潟)の副審に対する執拗な抗議(袖を触ってしまったらしい)で更に1点献上となってしまった事 (展開と得点が違っていました ・正→ペナルティで同点)

◎女子  新潟青陵 3 - 0 新発田商業

女子の方はほとんど事前情報無しでの観戦だったが、今年は男子よりレベルは高かったようだ

昨年の覇者新発田商業に対し、新潟青陵は終始リードを保ち、個人的な運動能力の差がそのまま総合的なチームの力量として表れていた

選手個人の体型などあまり比較してはいけないのかもしれないが、やはり、新発田商業側が相対的に絞りきれておらず

勝つための明確なビジョン、その浸透がなされていないものと思われる

しかし、男子に比べ球速が遅いこともあるだろうが、基本動作の正確性、特にレシーブ時の意図が明らかであり

それがトス回し、ゲームのスピード感へと繋がっているようだ

*今回、痛烈に感じた事は、(当たり前すぎるが)基本動作の正確性と取り組む意識の重要性

高校生レベルで活躍している選手のほとんどがジュニアからの経験者であり、その主軸となる個人が、チームのあらゆる場面で牽引役となっている

このことから、日ごろ携わっているジュニア段階は非常に大切な時期であると共に、その指導者としての重責を再認識した

« 打てど響かず | トップページ | ボーン・アルティメイタムを観て »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/10232332

この記事へのトラックバック一覧です: 春高県予選 決勝:

« 打てど響かず | トップページ | ボーン・アルティメイタムを観て »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30