« 全日本バレーボールチーム | トップページ | ある晴れた日に »

2007年12月 5日 (水)

吉井和哉さんに対する勝手な思い

元 THE YELLOW MONKEY の吉井和哉さん

生きる世界はまったくと言っていいほど違うのに、なぜか親近感と言うか、大袈裟に言うと「同志」みたいな感覚がある

イエモンは95年頃から聴き始めたのだけれど、それまでは、存在は知っていても外見のケバさから敬遠していた感じだった

まぁ、頭の固い俺にはよくあるパターン、偏見ってやつですね

でも、聴いてみたら、まんまとやられてしまった

最初はメロディーやら曲の雰囲気に喰いついたのだけれど、段々と詞(詩)の世界に引きずり込まれていき・・・

(な〜んか、ありきたいな表現だぬぁ〜)

人間の業について風刺した歌詞なんかもあったりして、小難しいのが大好きな俺にはうってつけだったのかもしれない

その後、イエモンは全盛期を迎えるわけだけれど、俺のほうは、97年に13年勤めた職場を退職

ほとんど無職でいたために、98年に入ったあたりから精神的に追い込まれていき・・・

その年の夏には精神科に入院、そして、二度目の引きこもりへとなだれ込んだ

その引きこもっていた間の事は以前の記事にあるので省くけど、03年にやっと社会復帰できて

吉井さんも、イエモンの活動休止とかソロ活動開始なんかがあり

05年には、ソロ2枚目の発売に合わせたキャンペーンで来県し

その際、地元ラジオ局に生出演&特別番組の収録がある事を告知で知り、それも公開スタジオで行われるとあって

“こりゃぁ、行くしかねぇだろっ!!!”ってことで、会社を早退して駆けつけた

その日はちょうど俺の誕生日、告知を聞いたときから「運命?」感じてました

そして、公開スタジを遠巻きに見える位置、人垣の後ろの方でスタンバっていたら・・・

なんと、吉井さんが俺の後ろを通って・・・・・・・・・・・、ほんの1mくらいの距離で!!!!!

“うぉっ、マ〜ジ鼻でかっ!”

で、放送中に「ソロとして行う初のコンサートが新潟ってことで、なんか運命的なものを感じます・・・」みたいな発言!

それを聞いて、“おっ、俺も運命感じてんだけど・・・”

(相当思い込み激しいんで、痛いでしょうけど勘弁してやってくだせぇ)

そんなこんなで月日は流れ・・・

そして、今年の4月に発売された b r i d g e のインタビュー記事をめぐって、公式サイトのファンクラブ会員の掲示板では賛否両論、様々な書き込みがあった

俺もその雑誌を購入し、でも、内容が重そうなんで買ってから数日後に読んでみたら・・・

吉井さんは、97年のシングル BURN の頃から悩み始め、01年1月に活動休止宣言、03年にソロ活動開始

05年のソロでのセカンドアルバムまでには、「軽〜い引退決めて」(インタビュー記事より引用)なんて事もあったみたいで

「てかさ〜、これってシンクロしているんじゃね〜の?」って、えらい迷惑でしょうが勝手に思ってるわけですよ

一方的にぃ〜

« 全日本バレーボールチーム | トップページ | ある晴れた日に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/9164755

この記事へのトラックバック一覧です: 吉井和哉さんに対する勝手な思い:

» バッカ 吉井和哉 PV [PV視聴ガイド]
バッカ 吉井和哉 PV動画を紹介しています。 [続きを読む]

« 全日本バレーボールチーム | トップページ | ある晴れた日に »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31