« 春だね | トップページ | ムダ遣いにも程がある! »

2007年4月21日 (土)

裁判とは誰のもの?

犯罪被害者やその家族が法廷で発言できることになるようです

被害者の会や援助団体の働きかけ、世論の動向なんかの影響でしょうか

まぁ、勝手にやれ!って感じですね

被害者側は復讐したいんでしょうし、「殺してやりたい!」と思うのも当然です

しかし、家族が殺されれば冷静な判断は難しいでしょうし、感情ばかりが先にたつのはわかりきっています

今日のニュースで、被害者団体主催の「裁判を模した劇」が報道されてました

劇では、被害者の妻が「どうして夫を殺したんですか?」って訊いたり、被告が弱々しく言い訳をしていました

また、被害者側が独自に求刑できる場面で、奥さん役の女性は「死刑を求刑します!」と発言

で、裁判長は「主文、被告を無期懲役に処す・・・」云々

最後に、被害者の奥さんは「判決は不服ですが、法廷で言いたいことが言えてすっきりしました」みたいなコメントをしていた

はぁ~、まぁ、被害者団体の方の劇ですし、仕方ないかもしれないが

終わり方が思いっきり「良い人」的な演出じゃね?

もっとドロドロしたもんが頭ん中で渦巻いてるはずだろ?

制度が変わればハッキリしてくるんだろうけど、いろいろ問題も生じるでしょう

こうなりゃいっそのこと、他人を殺したら死刑になるって法律にすれば?

この場合、直接や間接にかかわらずって事が前提だけど

お国のお偉方を淘汰できるし、新陳代謝ってことで結構面白いんじゃない?

その方が変なしがらみに囚われることも無くなるんでいいでしょ?

遺恨なんてあって当然、有無を言わさず死刑です!

死刑なんて合法的殺人でしょうが、、、

« 春だね | トップページ | ムダ遣いにも程がある! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/6169219

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判とは誰のもの?:

« 春だね | トップページ | ムダ遣いにも程がある! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30