« アストン・マーティン | トップページ | 連絡です »

2007年1月25日 (木)

ストレートに行こうぜ、回り道は嫌い(「Four Seasons」より)

去年行った 吉井和哉 TOUR 2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA

オープニングから意外な演出でスタート(これは個人的な感想かも?)

最新アルバム「39108」からの曲は勿論のこと、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ブロンディーなどのカバーもあったりと、バラエティーに富んだ構成

なかでも嬉しかったのは、イエモン時代の曲をかなりやってくれた事

一昨年のソロ初ツアーの時は、吉井和哉の「新たな形」を観て嬉しい反面、決別という感覚も頭にあった

実際、アルバム「39108」を聴いて物足りなさを感じたのも事実

でも、改めてライブで「イエモン」と「吉井和哉」を聴いてみると、その”違い”は俺が勝手に決め付けていただけのような気がする

まぁ、ソロになってからはアルバムごとに参加メンバーが違うわけだから、出る色も違って当然なのかもしれないけど

しかし、俺の中では、「吉井和哉」は「菊地英昭のギター」が無くては成立しない、ってわがままか?

今回、”さらさらロングヘアー”の菊地さんを初めて見たけど、まん前だったにもかかわらず最初誰だか判らなかった

とはいえ、カッチョイイっす、B’zの松○さんとは大違い!(今更言わなくていいですか? あ~そうですか)

やっぱ、吉井さんのコンサートは絶品です!

なんといっても、感じるパワーみたいなものが違う! 蓄積されたものの違いって言うか

ホームページで吉井さん本人の文章を読むと、イエモンの末期から精神的に不安定な時期があったようだけど

男30代ってそんな時期なのかな?

俺もそんな感じだったし(テメーと一緒にすんなよ!ッて誰か言ったか?)

いろいろこだわってその都度ストレートに追求していくと、ストレートなつもりが回り道になったりするんだよね

まぁいいって事よ! そんな経験も無駄ってことは一切無いだろ!

ストレートに行こうよ、ストレートに

« アストン・マーティン | トップページ | 連絡です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/5070370

この記事へのトラックバック一覧です: ストレートに行こうぜ、回り道は嫌い(「Four Seasons」より):

« アストン・マーティン | トップページ | 連絡です »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31