« 遅ればせながら、中田英寿引退について | トップページ | 合掌 »

2006年7月15日 (土)

その瞳は何を語るのか?

二十歳くらいの頃、こんな事があった

仕事である集落へ行き、日程終了後の懇親会での事

一番下っ端の俺がお酌に回っていると、ある男性のところでの話

他愛の無い会話だった、年齢や交際中の女性はいるのか?など

「ダメなんです、全然彼女なんてできませんよ〜」と愛想笑いで答えていると、その人はこう言った

「お前のその目で真剣に迫られたら、断れる女性はいないはずだ!」

???

「え〜、そんな事ないですよ(苦笑い)」 そう、そんな事はあるはずもない

その証拠に、25歳までずっと彼女はできなかったし、その彼女にも3ヶ月でふられ、そして、いまだに付き合ってる女性もいない(一方的に妻と呼んでる人はいます)

ん〜〜〜?でも、よく考えたら・・・

高校の時は真剣に告白したヒトはいたけど、一昨年まで1回もアプローチしたことなかったような?

若い頃は全く自信がなかったから、俺に気があるような素振りの女性は敬遠してたし

で、その一昨年のアプローチ一人目は『人妻』で(行動した時点では名前を含め情報は一切無し)、その次は『ソープ嬢(妻)』、そのまた次は『デリヘル嬢』てな具合

30歳くらいで自分に自信が持てて、さぁこれからって時に引きこもっちゃったからね

でも、今なら解る、俺が好きになる女性は、ほぼ100%俺に好意を持っている

あの人が言ったことは多分本当だったんだ

その人はオリンピックのメダリストの父、眼光鋭い老人だった

まだ元気でいるんだろうか?

« 遅ればせながら、中田英寿引退について | トップページ | 合掌 »

コメント

相手の自分に対する好意を感じてから好きになる…
こっちに興味ない子には行かないってことですよね。

眼で人を虜にする力、自らの手で封印を解く時が来たのですね。

そんなことはないですよ
相手の出方を見てから好きになる、なんて芸当はできません
一目で好きかどうか判断する事が多いです
その「好みの女性達」を観察(って、別にジロジロ見てるわけじゃないです)していて分かったことです
好みの女性はいっぱいいますけどね

おはようございます
毎度 読解力が乏しくて申し訳無い。
インスピレーション?直感的に解ってしまうということですね?

そういえば以前の記事にもありましたね。
…けんちゃん、その類稀なる不思議な力をどう使おうとしてるのさ。
野望があるの?それとも使命が?
如何に??

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/2668449

この記事へのトラックバック一覧です: その瞳は何を語るのか?:

« 遅ればせながら、中田英寿引退について | トップページ | 合掌 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31