« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

バカじゃねーの?

サッカー観戦なんかで、大声出しながら夢中になってるヤツ

まぁ、サッカーに限ったわけじゃないけど、熱狂的阪神ファンなんかにも言えるな

よく「俺達の応援の力で絶対勝たせる!」なんて言ってるバカがいるね~

中途半端なバカは勝負ってモノが分かってねーんだな

勝負はあくまで「当事者同士の物」なんだよっ!

そこに観客の入れる余地なんかねーんだ、要するに「蚊帳の外」なんだよっ!

そりゃ~観客がいればモチベーションは上がるだろうけど、それで勝負が左右されるんだったらそれだけのレベルでしかねーんだ

選手のインタビューなんかで「皆さんの応援のおかげで・・・」なんてコメントがあるけど

プロのスポーツ選手になれるくらいの人間は「そこそこ謙虚」だから、おかげさまって言えるんだよ(中には「周りが言ってるから真似してる」ヤツが確実にいるけどな)

それを鵜呑みにしやがって、情けねー

ビール飲みながらスポーツ観戦して、大声出して一喜一憂してるそこのバカ

お前らはただ「やった気になりたい中途半端なヤツ」なんだよ!

本当の勝負の醍醐味なんて、絶対に味わうことはできねーんだ!

2006年5月28日 (日)

ダ・ヴィンチ・コード

24日、今話題の「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきた

久しぶりの映画だったんで期待してたんだけど、まぁまぁってとこか~?

原作がベストセラーだってことだけど読んでないし、字幕のスピードについていけず理解できなかったところが数ヶ所あったからかな?

「ソフィー(オドレイ・トトゥ)がなぜラングドン(トム・ハンクス)のもとへ来たか」の説明の場面や「銀行の貸し金庫?を開ける」場面、他には「テンプル騎士団とシオン(サイオン?)修道会にまつわる説明」の字幕が読みきれてなかったみたい

情報量がちょっと多すぎだよね~、退屈はしなかったけどさ

テレビやラジオでも「事前に予習して行ったほうが良い」って言ってたけど、その通りになったってことかな

でも、キリスト教徒にしてみれば「超大作(問題作?)」なんだろうけど、聖書の「せ」の字も知らない俺としてはね~

元来”天邪鬼”なんで、「言うほど大作なんかじゃねーぜ! でも、まぁまぁおもしろいけど・・・」って言いたくなる

それと、映画館に行ってから「ようやく」オドレイ・トトゥが出てる事を知ったんだけど、やっぱ、魅力的な女優さんにはちがいないけどね・・・

でも、「ロング・エンゲージメント」と比べたらどうかな~

ロング・エンゲージメントは個人的に「去年のランキング1位」だったから、ダ・ヴィンチ・コードもオドレイ目当てで行ってたらガッカリしてたかも?

神話や世界史、聖書なんかにも子供の頃から興味があるから、もっと歴史的な背景のボリュームが多かったらな~、って思うけど

んなことしたら3時間以上の上映時間になるし、ほとんどの人が退屈するだろね~

「詰め込める限界」の面白い映画ってことにしとこーか?

2006年5月27日 (土)

リバウンド王! なりそうかも・・・

最近、眞鍋かをりさんのブログでダイエットの記事が続いてる

眞鍋っていえば「ブログの女王」だそーだけど

まぁ、確かに記事は面白い、表現力もかなりのもんだね

って、言い方が「上から」ですか? やっぱり?

でもね~、これくらいやらないと印象に残らないから、やっぱ

リバウンドだったね、リバウンド。本題に

引きこもってた頃は、「テレビ」「食う」「寝る」しか楽しみがなかったから、5年くらいの間で35kg以上太った!

それも、劇太りしたのは4~5年目くらいかな?

精神的に少しずつ余裕もでてきて、食う事に歯止めが利かなかった

3食必要以上に食って、家の農作業は手伝ったけどかなりゴロゴロして、夜食にカップめんでも食えば太ってあたりまえだわな

それでも、体重が100kgをゆうに超えて、「腹が邪魔で靴下が上手く履けない」状態になった時には焦ったね

3年前の3月頃がピークだったと思うけど、顔なんかも見れたもんじゃなかった

その後、田んぼの草刈(少し段になってるんで畦畔が広い)なんかで徐々に痩せ始め

なんと言っても、社会復帰した「初仕事」がかなりハードだったのが効いた

4ヶ月間の食品関係の仕事だったけど、忙しい時期には2ヶ月で10kg落ちたほどハードだった!

その仕事が終わって体重も落ち着き、「どうすりゃもっと落とせるかな~?」って考えて

大晦日からの「ダンベルダイエット」を敢行

何年も前に買ってあったダンベルで筋トレ、そして、腹筋・腕立て伏せ

一時期、腹筋も腕立て伏せも100回ずつできたけどね~、って今じゃ精々50回がいいとこか?

筋トレに併せて、ウォーキングやランニングもやったね~

夜勤の残業明けで朝7~8時頃歩いてるとね~、出勤中の車が通って恥ずかしいのなんのって

ランニングは8㌔も走っちゃったりなんかして

で、「自分にご褒美」って口実にソープ行ったりしてね~

なんだかんだで2年で35kg絞れた!

去年、初めて人間ドックへ行った時も「体脂肪率14%、これ以上痩せない方がいいですね!」ねんて言われてね~

真に受けて油断し始めたのがダメだった・・・

去年の4月から12kgも戻ってしまった・・・

リバウンド”ガシガシ”取りに行ってます、「デニス・ロッドマン」クラスかな?

そのうち、リバウンドのランキングに載りますから

でも、眞鍋さんみたいに2~3kgの攻防戦なんて「他愛無い」もんだよね~

よね?   眞鍋さん?

2006年5月26日 (金)

一向にかまわない

これから書くことは信じてくれなくてもいい

気がふれてると思ってもらっても一向にかまわない

街を歩いていると、すれ違う人に会釈をされることがある

別にこんなの珍しい事じゃないよね?

9年前のプータローだった頃、ある事に気がついた

車に乗っていると対向車に乗ってる人が会釈することがある、目が合った人なら分かるが、こっちを見ていない人まで

冷静に観察すると、それは車に乗ってる時ばかりじゃない

俺が視線を送った瞬間、見つめた人の多くは頭を下げる

会釈ではなく、意識しているふうでもない

その人は何を見ているか分からないが、ただ単に頭が下がる

最初は考えすぎだと思っていた、でも、何かがあるらしい

頭を下げるのは「行いの良い人には頭が下がる」のか?なんて冗談で考えたりしたけど

何年か前から「世界で起こっている事は、全て俺に向かって発信されている!」なんて大それた感じがする

これは、俺がやろうとしている「最終目的」に関係があるのか?

それで皆頭を下げるのか?

でも、買いかぶってもらっちゃ困る、俺はそんなに良いヤツじゃないよ

それに、そんなに期待されても「重荷」なだけなんだけど・・・

もう一度言う、オカシイと思ってもらっても一向にかまわない

2006年5月23日 (火)

見たくねーんだけど!

何がって?

ヘソ、ヘソ   宮里藍のおヘソですよ!

どうしたもんだろね~、本人は何のつもりなんだろ?

「私のおヘソなら、誰でも見たいでしょ!」って思ってるのか?

これも戦略の内? んな訳ねーよな?

多分、アドバイザー的な人もいるはずだから、本人が勝手にやってるだけじゃ~ないと思うんだが

単に「カッコつけてるだけ」って事なんスかね~?

言っちゃー悪いけど、藍ちゃんに「色気」なんて期待してる人はほとんどいねーと思うけどな~

ヘソなんて見せなくていいから、いいプレーを見せろよ!

まぁ、カッコつけれるよーじゃ、一流にはなれねーけどね

おい、スポンサーさんよ

ゴルフってのは「紳士(淑女?)」のスポーツなんだろ?(アマチュアのゴルフはスポーツじゃないって話もあるけど)

いつまでも「ヘソ出し」なんて認めてると、頭悪いと思われるぜ!

2006年5月22日 (月)

スキマスイッチ

もう一ヶ月以上前になるけど、スキマスイッチのコンサートに(も)行ってきた

TOUR '06 ”空創トリップ”

去年のコンサートはチケットが取れなかったが、今回はなんとか確保できたんで

「夏雲ノイズ」と「空創クリップ」のアルバムは今でもチョクチョク車で聴いている、なんと、先月事故った時聴いていたのも「夏雲ノイズ」

3年くらい前には、県内AMラジオなんかにも生出演したりして「全国キャンペーン」みたいなことやってたけど、いつの間にやらBIGになっちゃいましたね~

MCでは、ボーカルの人がかけた「くりくりパーマ?」にしつこくこだわってたな~

よっぽど不評だったんだろね

結構いい歳だし

観客のほとんどは若者、でも、よ~く見たら俺みたいな年齢の人もチラホラ

演奏は「バンド」を強調した感じになっていたけど、ピアノだけの伴奏の曲もあった

世の中の皆さんには「スキマスイッチ」のどんなところが受けてるんだろうか?

やっぱ歌詞? それともメロディー?

俺はまぁ、どっちも好きって言えば好きだけど

気に入ってるのは「サウンド」かな?

アップテンポな曲の、ジャズィー(って表現でいいのか?)なノリが大好きです

やっぱ良かった~、ゼ~ッタイまた行こ!

2006年5月21日 (日)

不安・・・  

引きこもりから完全復活して早三年、しかし、今でも心療内科のお世話になっている

去年は精神的ストレスからくる偏頭痛があったりして、予約以外でもかなり診察を受けた

現在は安定しているので、2ヶ月に1回のペース

診察の日は朝8時半頃に病院へ行くのだが、すでに到着している人が何人もいる

初めて受診してからかれこれ10年くらいになるが、受診する人の多さにはいつも驚いてしまう。それだけ病んでいる人が多いのか?

8年前、4ヶ月入院してしまった訳だが、本当の苦しみは退院後にやって来た

退院まじかで自身の精神的苦痛に気づき、環境を変える、退院する事によって回復できると思っていたのだが・・・

入院末期に主治医に相談したり、カウンセリングなどを受けて出てきた自分の病名

「人格障害」

いまだに詳しい事は分からないが、正確には「ボーダー性人格障害」と言うらしい

退院して家に帰ってはみたものの、全く前向きな思考などできない

2週間ごとの通院を除くと全く外出はしない、食事の時以外は自分の部屋からも出ない

一日中布団の中に入り眠っているだけだった

自発的に眠ろうとし、また、眠ることができた

一生このままの状態が続くと思い、それでも仕方がないと思っていた

母からは「このままじゃ家が絶えてしまう!」と時々言われたが、言い返す気力など無かった

不甲斐ない自分に嫌気はさしたが、どうにかなるような状態ではなかった

自宅付近は民家も少なく来客もあまりないので、引きこもるには環境が良かったのかもしれない

それでも近所の人と遭遇する事を警戒し、平静を装ってはいたが、外出の際には人目を盗むように車に乗った

近所の人は皆優しく、子供の頃から温かく接してもらっていたが、知り合いの前に自分をさらす事が何よりも耐えられなかった

診察を待っている時間はとても長く感じられたが、精神的余裕もないので何も手につかない

周りには週刊誌や漫画雑誌を読む人もいたが、到底できはしなかった

ただただ順番を待つ

精神的にまいっていると判断力が鈍る、次の瞬間いったい何をすればいいのかさえも思いつかない

なんとも言いようのない不安、じっと下だけを見つめる

手が、指先が小刻みに震える

毎日が針の筵のようだった

今では心身ともに健康になった(つもり)が、もうこんな事は繰り返したりしないだろう

去年のとある日、心療内科の前に行くと、一人の青年が目の前に

その青年はやや下を向き、虚ろな眼差し

指先が微かに震えている

まるで過去の自分の姿を見ているようだった

その青年の精神的苦痛が手に取るように分かる、堪えようとはしたが涙が止まらない

自分を落ち着かせ、青年に小声で話しかけた

「今は大変だろうけど大丈夫、そのうち良くなるよ。そして、良くなったら怖いもんなしだから、 頑張って!」

青年は精一杯の”ぎこちない”笑顔で

「ありがとうございます」と呟いた

2006年5月20日 (土)

もったいね~!

昨日、いつものバーに行った

「ここのところ、強烈なお客さんいないよね」ってマスターと話していたら

お勤め(お水系)帰りの女性がご来店

何年ぶりかは分からないが、久しぶりの来店みたい

やたらと強いカクテルをたのむその女性の上腕には刺青が・・・

マスターがその女性に「刺青って、やっぱ痛いの?」と訊く

そしたら「気持ち良くって途中で寝ちゃうよ」

ええええええーーーー!   

まじッスか? 本当ッスか? とっても痛いって聞いた事ありますよ?

確か、吉井怜が出ていた映画に刺青を彫るシーンがあって、「痛みをこらえる表情がたまらない!」んじゃなかったっけ?

そこでマスターがこんな質問

「それでいくらぐらいかかるの?」

そしたら「背中に○○と××が入ってるんですけど、それで150万です」

おおーー!  もったいね~!

そんなお金があるんだったら俺にちょーだい!

でも、凄いッスね~、気合入ってます

とか言っておきながら、あんまりお近づきにはなりたくないな

2006年5月17日 (水)

保険屋? 大っ嫌い!

先月の交通事故(5月4日の記事参照)の決着がまだつかない

事故の相手はいい人なんだけど、損保会社の奴らがちょっとね~

事故の翌日、相手の人のケガが心配だったんで直接電話して

「○○ですが、昨日はすみませんでした。その後からだの具合はどうですか?」

「ありがとうございます。たいした事はないようですが、少し痛い所があるんでこれから診察してもらいに行きます」

中略

「では、ハッキリした日にちは分かりませんが、後日挨拶に伺います」

といった内容だった

ところが、週があけた月曜日の午前中に俺の保険の担当から電話があり

「○○さん、相手の保険代理店が大変なんですよ!  ○○さん、事故の翌日相手の方に電話されましたよね、その時、相手の修理代を全額負担するような事を言いましたか?」

「いいえ、一切そんな事は言ってないですよ」

「実は、相手の代理店が「××さんから、修理代は全額相手が持つと報告を受けている。なので、こちらは事故対応するつもりはない」と言ってるんですよ」

「は~、何を言ってるんですか?その代理店は! 確認をしてみてください」

「分かりました、もう一度確認してみます」

担当の人が強気で否定したらようやく「そうですか、では手続きをします」だとさ

くそ~、世の中には嫌なヤツがいやがるぜ!

こっちの誠意を利用しようとしやがって

頭にきたんで、事故の相手に直接事情を電話で説明し、本当に代理店にそんな報告をしたのか訊いてみた

すると、案の定代理店が吹っかけてきているだけだった

なので、相手の人に、後日挨拶に行くといったが行く事はできないと告げた

相手の人は代理店の対応を謝っていたが、悪いのは代理店なんで申し訳ない感じ

あ~胸糞悪りぃ~!

保険屋なんて前々から好きじゃなかったけど、アッタマきた!

相手の人には恨みはねーけど、代理店だけは絶対赦さねー!!!!!

2006年5月11日 (木)

給料未払いの件、最終報告!

去年バイトしていたキャバクラの未払い分の給料、いろいろゴタゴタがあったけど貰うことができた

労働基準監督署からの警告が効いたんだろうけど、案外すんなりだったかな?

久しぶりに店の中に入ってみたけど、相変わらず生意気なネーチャン達が気取ってやがった

俺にピッチャーのウーロン茶をブッカケながらキレたバカキャバ嬢もいつもの通り、社長Kにわがままを言って突っかかってる

中学もまともに行かずに街中でブラブラしていたそうだから、我慢なんて言葉はコイツには無いんだろう

見た目は良いほうなんだし頭もそんなに悪くないみたいだから、周りの大人がコイツのことを本当に可愛く思っていたらちゃんと矯正したんだろうけど

まぁ、この歳になってからじゃもう手遅れだろうな

経営者Wのイトコだってことだし、わがままし放題は変らないんだろ

Wは口ばかりでまともな経営者じゃなかったから、営業停止にでもなればいいと思っていたけど

な~んと、人の噂では、4月になってすぐ店を乗っ取られたようだ!

事情通の人の推測では、多分ヤクザにやられたんだろうとのこと

いい気味いい気味、バチが当たったんです

でも、俺の件が片付いてからで良かった~

危ねー危ねー

2006年5月 8日 (月)

根元要さん

根元さんと言えば、かの有名な「スターダスト・レビュー」のボーカルでありギタリスト

と言っても、若い人の中には知らない人もいたりして?

まぁ、こんなことを書きながら、俺自身もスタレビについてはあんまり詳しくは知らないけどね

2年前かな? 夜勤の出勤時は毎晩FMラジオを聴いていた

日替わりで放送されていた中に、たまたま根元さんの「要のあるラジオ」があったんだよね

歌声も好きだけど話の内容も面白かったから、即「にわかファン」になったっけ

去年の年はじめから勤務が日勤になった関係で番組は聴かなくなったけど、去年のある日、地元ラジオ局の生番組の「ゲスト欄」に根元さんの名前が!!!

番組は午後1時過ぎからで、公開放送だったので早速半日で早退っ!

根元さん、ホント気さくなおっさんなんだね~

ギター持参で出演だったから、即興で1フレーズ歌ってくれたりして

美声と人の良さが「ヒシヒシ」と伝わってきました

根元さんて結構話が長いんだけど、放送中にこんな事を言ってた

「コンサート中のMCが長いって言われるけど、私の歌は飛行機のようなもので、飛ぶ(歌う)ためには長い助走(MC)が必要なんだ!」

ごもっともでございます~

生出演終了後、控え室への通路で

「頑張ってください!」って、お土産を渡したら

「ありがとう」とニッコリ握手してくれた

根元さん、ラジオも聴けないしコンサートに行くつもりもないけど(申し訳ない!)

これからも元気で歌い続けてくださいな

2006年5月 5日 (金)

一青窈さん

ちょっと日が経ったけど・・・

久しぶりにコンサートに行ってきた

一青窈 Yo&U Tour’06

席はまあまあってとこかな?

以前から気になる存在ではあったけど

窈ちゃん(馴れ馴れしいね)とってもキュート

ステージのデザインは派手ではないものの、かなり凝った造りになっている

色の見せ方も印象的なもの

曲によっては芝居仕立ての演出もあり、展開が面白い

MCではご当地ネタを披露したりなんかして、皆さんのリアクションも上々

時間があったなんて言って、わざわざ買い物してきたモノをお客さんにくれたりして

ほんと、人が良いんだね

やっぱり良いね~ハナミズキ、生で聴くとたまりません

名曲ですな!

只今、ファンクラブに入ろうか思案中

う~ん、お近づきになれないもんだろうか?

2006年5月 4日 (木)

クラッシュ!

4月某日

とうとうやってしまった、スピード狂の俺についに天罰・・・

久しぶりの晴天、洗車を済ませてちょっとドライブ

追い越し禁止区間を過ぎて2台パス

ブラインドコーナーを100㌔?で進入

次の瞬間、路肩から車!!!!!

とっさにブレーキ : × 全然止まれる速度じゃない

左右に逃げられるか? : × ハンドルを左右に少しきってみたけどまったくダメ

と思った瞬間

ガンッガンッ!

何故か2回ぶつかった感覚

俺の車が断末魔を上げる

アクセルペダルのある場所は大きく形が変わり、エンジン回転を下げる方法が思いつかない

次の瞬間、キーをOFFにしてエンジン停止

相手車両の乗員が心配で駆け寄ったが、運転手に怪我はないもよう

とりあえず警察に通報

破片が散乱している

俺の車は前側のバンパーがとれ、反対車線脇へ飛んでいる

相手車両(1BOX)の運転席側後部のドアに衝突し、相手は180°回転。運転席側前後のタイヤはバースト、後ろのホイールは変形

俺は相手車両に衝突直後、路肩にあった無人の駐車車両に衝突

俺の車はその場に留まれたが、無人の車両はラジエーター液を撒き散らしながら30m以上飛ばされた(Pレンジのまま)

出ていたスピードを考えれば奇跡的な結果

しかし、15年乗り続けた愛車はオシャカ、18万㌔までもう少しだった

お気に入りの車だったのに・・・  こんな姿にしてしまって

ゴメン、俺が能天気なばっかりに

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30