« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

宮崎さんには期待しません

皆さん、宮崎アニメ好きですか?  

ほとんどの人が好きなんだろうけど、どう思いますか?最近のヤツ。

俺の意見を言ってしまえば、「千と千尋」からは見る価値がないと思います。

「もののけ姫」で米映画市場で大敗を喫した結果、アメリカナイズ?された「千と千尋」ができたわけですが、魂を売ったと言っても過言ではないでしょう。

「千と」は、キャラクターてんこ盛りといった感じで、「アクの強い脇役」をごった煮にして煙に巻いたような映画じゃないですか?

全然、言わんとすることが伝わってきません!

「ハウルの」も同じこと、映像はキレイですが、観終わった後にストーリーを思い返してもハッキリ憶えていない。

「千と」以降、たいそうな賞なんか貰って浮かれてますが、アメリカの大衆なんかに合わせたアニメはディズニーだけで十分です。

「もののけ」までの作品に一貫してあった「普遍的な愛」なんて、今の宮崎アニメには存在しません。

宮崎さん、残念ですがあなたにはもう期待しません、これからは「余生」を楽しんでください。

2006年2月26日 (日)

結婚したい?

この前、久しぶりにばあちゃんに会ってきた。 

家で介護できればいいのだが、じいちゃんへの負担やらなんやらで介護施設に預かってもらっている。

ばあちゃん、最近のことは憶えていられないが、10~20年前のことならほとんど憶えている。

面会に行くと、「お~、来たか、大きくなったな~。」とわざと言ってくる。

なので、「前から大きいよ!(とぼけてこの~)」と言い返す。

それから、冗談の言い合いが始まるのだが、傍で聞いている人にはどこまでが本当の話なのか分からないようだ。

ばあちゃん、自分の言った事を憶えてられないので、話がリピートモードに入る。

いつも繰り返し訊かれるのが、「結婚したか?」の質問。

いい加減に「したした!」なんて答えられないので、

「これからこれから、心配いらねーよ!」と言う。

そうすると、「いいコはいねーのか?」とくるので、

「いるいる、い~っぱいいすぎて困ってんだ!」と返す。

まさかね~、自分が初めて「結婚したい!」って思った女性が「ソープ嬢」だなんて言えないし、でも、聞いても意味が分からなかったりして(笑)。

そうなんだよね~、自分ではそこそこモテルとは思っているけど、今一番身近にいる女性が「馴染のソープ嬢」なんだよね~。

どうしたもんだろ。

でも、彼女は普通の女性より「人間的な深み」があって、とっても魅力的。

この前会った時(お金が介在してますが)、冗談で「結婚しよう」って言ってみたけど、実は本気だった。

まぁ、ムリかな~?

って、彼女がこれを見ていることを承知で書いてます(苦笑)。

2006年2月25日 (土)

一人は気楽でいいけどね~

突然ですが、

眞鍋かをりさん、お元気ですか?

いつも見てますよ~、ブログ。  面白いッスよね!  マジ最高ッス!

注:全然面識はありませんが、トラックバックをするんでヨイショしとかないとね(笑)。

若い頃は週に2~3日は「親友(そう呼んでもいいはず)」の家に遊びに行ってた、そこの家族も全然嫌がらずに迎えてくれてたな、感謝!感謝!

でも、その「彼」が結婚してしまってからは、一緒に遊びに行く相手もいないんだよね。 もう、8年くらいずーっと出かける時は一人っきりってことが多い。

基本的にオネーチャンが大好きだから、スナックやキャバクラ行きたいんだけど、そうそう行ってられない。 今行くのは、比較的安く飲めるバー。

酒はあんまり強いほうじゃないんで、

「子供騙しのカクテルください!」ってオーダーしたりして(笑)、チビチビやってます。

そこが気に入っている理由は、マスターWさんとその手下Oさんの人柄がいいから。

それから、あんまり混んでいないし(失礼)。

店のお二人には、いつもくだらない冗談や猥談に付き合ってもらってるんだけど、たまに刺激的な出会いもあるんだよね。

一つ上の男性高校教師と初対面で意気投合して、いきなり一晩泊めてもらったり(妻子持ちなのに恐縮です)。

「幽霊が見える」って女性とたまたま隣になって、恐怖体験を聞いたり(金縛りにあう時は、必ず脇に女が立っている!とか、好きな人が「浮気」をする日は、絶対朝から分かる!=月が揺れてたりするんだって)。

誕生日のお祝いにハシゴしてきた女の子が隣に座って、寝ちゃったかな? と思ってたら、急に具合が悪くなって俺の方に倒れてきたり(で、少し床に戻しちゃったり)。

去年はそれこそ「出会いのワンダーランド」だった。

今年は、今のところあんまり印象的な出会いはないかな?

でも、これから期待してます!

2006年2月24日 (金)

給料未払いの件、続報

バイトしてたキャバクラの貰ってない分の給料、いつになったら貰えるんだろ?

労働基準監督署に相談してもう4週間くらいになるけど、一向に進展しない。

店側は、監督署からの出頭勧告を2回も無視して、何を考えてるんだ?

先週、俺も直接経営者Wの携帯に℡して、「何故来ないんですか?」って訊いたけど。

勝手な言い分だけ吐いてきたんで、成り行きで「言い合い」になってしまった。

それが利いたのか、今週の火曜日の午後4時に社長Kが出頭すると連絡が入った。

監督署から「○○さんも来ていただけますか?」って事だったんで、10分前には到着してたんだけど。

社長Kから「都合が悪いので、木曜日の午後4時にしてください」と、ドタキャンの℡。

やっぱりな・・・   予想通りだ。

で、昨日もこっちは時間前にちゃんと行ってるのに、またまた来ない。

監督署の係りの人が「社長K」に電話したら、

「今東京にいるんですよ!」だってさ、ホントに東京なのか?

いい気なもんだぜ!  New Club ○○○ の関係者。

こうなりゃ、一人ずつ陥れてやろうか?

不幸な境遇に!

2006年2月21日 (火)

開閉範囲15㎝

入院していた精神科の病室は完全な隔離ではなかったものの、特定のエレベーターでなければ行けないところだった。

精神科は4階、5階はホスピスになっていた。

入院した日は精神科のベッドが用意できていなかったようで、一晩だけ一般病棟にいたが、看護士さん達は何故かよそよそしかった。

入院の手続きをする時主治医(女医さん)が言っていた、

「鬱ですが、薬を使えばすぐ良くなりますよ。」

毎日午前中に点滴をする、かなり大きな袋。

入院後10日くらい経った頃だろうか、夕食時発作のような症状になる。

箸をもったまま動かせない、口まで持っていけない。

「パニック」のような状態に陥る、しばらくして、なんとか看護士さんを呼ぶことができた。

鎮静剤?精神安定剤?だったのか、注射を打ってもらって横になっていたらなんとか治まった。

どうしてそのような症状になってしまったのか原因は分からないが、翌日から点滴をしなくなったことから考えると、副作用だったようだ。

それから飲み薬だけを服用し、これといった治療も行われない日々が続く。

「これはこれで怠け者の俺にはピッタリだ!」と思える毎日。

ある日、病院の職員がインパクトドライバーを持って病室に来た、窓枠に何かを取り付けている。

窓の開放を制限するストッパーだった。

「何故だろう?」と思っていたら、後日、こんな噂を耳にする。

「この前、○○さんが窓から飛び降りて亡くなったんだとさ。」

○○さんは60代と思われる女性、よくしゃべる活発な感じの人だったが、確かに数日前から姿が見えない。

自殺を臭わせる素振りはないようだった。

食事を摂ってゴロゴロしながらテレビを見るだけの毎日、人生も終わったと思っていた。

2ヶ月くらい経った頃からまた疼きだす、自分の存在をなくしてしまいたいという衝動。

夕食後、人目を盗んで屋上へ行く。

「この柵を乗り越えて、飛び降りれば楽になれる。」

そう思い、柵に足をかけて乗り越える、そしてコンクリートの向こうに見える地面を眺める。

でも、どうしても飛び降りることはできない。

そんなことを2週間くらいの間毎晩繰り返し、結局、飛び降りる勇気はなかった。

そんなある日、自分の中で何かが動き出す。

「このままでは辛すぎる、この苦しさをどうにかしたい!」

そう思えたのは、入院後4ヶ月が経とうとする頃だった。

2006年2月20日 (月)

弱気な俺

いつも強気なことばかり言っているけど、他人を批判するのはとてもエネルギーが必要。

俺もそうそう毒ばっかり吐いてられない、疲れるよ。

それに、最近は良い仕事と「縁」がないのか、人間関係でかなり消耗している。

一般的に「キツイ」と言われている職種をあえて選ぶのにも問題があるのか? いや、仕事の内容は慣れればいいけど、ネックになるのはいつも人間関係。

デリケートって言えば聞こえはいいけど、要は弱点なんだな。

でも、それはそれでしょうがない、簡単に克服なんてできない。

気分がのらない時はしょうがないや、楽しいと思えることをやってまた明日から頑張ろ。

今回は弱音を吐かせてもらいました。

そうそう、忘れてた。

アクセスしてくれている方々、よかったらコメントしてください。

励みになりますので。

2006年2月18日 (土)

若い女の子はキレイな子がいっぱい!

十年くらい前かな?

「最近の若い女の子はすご~くキレイ!」って感じたのは。

いいことだ!  非常にいいことだ!

でも、ふと思った、「何故なんだろう?」

この疑問に自分なりの答えをだすと・・・   多分・・・

女性は常に「キレイになりたい!」と思ってるよね、大抵は。

その女性たちの憧れる「シンボル」のようなものが、モデルさんや女優さんなわけ。

でも、その「憧れのモデルさんや女優さん」は、欧米のモデルさんや女優さんに憧れてたりして。

目指す方向がだいたい「そっち」に向かってるんだ、多分。

人間は、「成りたい」と真剣に思うと、そういう風になれるんだよね。

そこいくと男は全然ダメ!

カッコばっかり気にして、全然カッコ良くない!

個人的に「キムタク」は好きだけど、キムタクの走り方ってどう思う?

「カッコつけてる」感アリアリじゃない? 仕草とかも。

そんなカッコつけてる男に憧れるから、カッコマン(ん~、懐かしい!)ばっかり増えるんじゃないかな?

若い男が憧れているのは「虚像」で、そんな若者もリアルじゃない。

「女にもてたい!」ってことがミエミエ!  

欲が氾濫してる。

ここ数十年で「理想の男」がズレてきてるな。

!!!!!  ?????

待てよ、ズレてるのは俺の方?

目立たないようにしていると、かえって目立つんだよね。 周りが目立ちたいヤツばっかり、派手なヤツばっかりだから、地味な俺は浮いちゃう。

まぁ、どうでもいいや、俺にとっては好都合です!

世の男性諸君!  

うかうかしてると、いい女み~んな俺が盗っちゃうよ!

な~んてね。

ちょっと恥ずかしいけど・・・

最近、福留佑子さんのブログを毎日チェックしてたりして・・・

いいじゃん!好みなんだから。

年齢的には、完全に「娘」だけどね。

2006年2月17日 (金)

確率にするとどれくらい?

一昨日のニュース番組で幸運な人を紹介していました、お年玉付年賀ハガキの1~4等が一度に当たった人、一度に2枚も1等があった人の2組。

1~4等の人は、300枚くらい年賀状が来た中からの当選、確率にすると約300万分の1(だったかな?)だそうです。 なんと、1等のハガキは、書き損じてたまたま持っていたとか。 それも、当選したご本人は郵便局員! 最初は会社員と名のったらしいけど。

1等が2枚の人は、夫婦でたった20枚くらいしか貰わないのに、一度に2枚も1等があった。 確率にすると約3億分の1(だったと思う)!!!

どちらも面白い事情です。

確率といえば、こんなんどうでしょう?

家族の誕生日なんですが、こんな家族他にもあるのかな?

まず俺の誕生日、なんと妹と同じです!

よくある話ですか? 二人兄弟で同じ誕生日、天晴れ両親!って感じ。

これくらいならあんまり驚かないですよね? まだ、先があるんです。

父と父の弟(3男)が同じ!

キターーーー! 凄いでしょ?  って、それ程でもない?

じゃ~、これでどうだ?

母とその母(俺のばあちゃん)が同じ!

どうですか? こんな家族なかなかいないでしょ?

確率にするとどれくらいなんでしょうね? 多分、天文学的数字?になるんじゃないかな。

誕生日、というより数字って面白いですよね。

去年あたりからかな? 何の気なしに見た時計の数字がゾロ目だったり、前を走っている車のナンバーが333とか777だったり。

ある本によると、そういう瞬間に遭遇できるのは「運気が上がっている」証拠なんだそうです。

今までも基本的に運は良い方だったけど、これからもっと良い事がありそうです。

ラッキー!

2006年2月16日 (木)

バレンタイン速報~! デンデンデンデン、パフパフッ

2月14日は皆さんいかがお過ごしでしたか?

男性諸君! 少しはチョコレート貰ったかい?

俺はなんせ「女子バレーのコーチ」だから~、エッヘッヘッヘ。

こ~んなに貰いましたよ!(手の上には一個だけ)

去年と同じだった・・・  それも、去年同様、男の子のお母さん(先輩の奥さん)からのみ。

三年生のMな(05年12月30日の記事参照)にも貰えなかった!

どうしたんだよみんな! 素直になれよ!

て言うか、気ぃ使えよ!

普段、いろいろお世話してやってるだろ? 義理チョコぐらいくれても良いだろ?

な~んて、負け惜しみ言ってもダメですかね?

そうだよね、いつも「ミカエリなんていらない! 好きでやってるんだ!」、って言ってるもんね。

!!! 初めてトラックバックしてみます、「トラックバック野郎」へ。

2006年2月15日 (水)

「単騎、千里を走る」って、勝手に走れよ!

昨日、映画を観ました。

「単騎、千里を走る」

レイトショーの観客はなんと俺一人、「マジかよ!」の状態。

映画が始まると「アレアレ?」、なんかストーリーが変な方向へ行くぞ・・・

健さん演じる「漁師の父」と、「なんとか大学の息子」は10年くらい疎遠になっている。理由ははっきり分からないが、健さんの方が原因?

ある日、健さんのもとへ息子の嫁(寺島しのぶ)から、「息子が原因不明の腹痛で入院したので、これを機にあって欲しい」と連絡が入る。(原因不明の腹痛って癌じゃねーの?)

健さんは秋田新幹線?で上京し息子に会いに行くが、息子は会おうとしない。息子と嫁のやり取りを病室の外で聞き、健さんは無言で病室前の廊下から立ち去る。

嫁から、「息子の研究がTVで放送された、見て欲しい」とビデオテープを渡される。そこには、息子が中国へ行き、仮面劇の取材をしていたことが映っていた。(わざわざ、近くの電気屋(アパッチけん)がビデオデッキを取り付けに来て、不器用さを演出) 映像の中で、「単騎、千里を走る」の劇を撮り損ねていた。

その後、嫁から息子が癌であることを知らされ、何故か中国へ仮面劇を撮影に行く、息子の代わりに。(えー、最初っから癌だって想像できるじゃん! 勝手に中国なんか行かないで、息子に直接会えよ! それが重要だろ!)

勘違いも甚だしい!

そんでもって、中国の某村へ撮影に行くと、目当ての俳優が乱暴なストーリー展開で刑務所に入っている。 

ここでも健さん絶対めげない!

不器用さをウリに役人を感動させ、なんとか刑務所での撮影を許可される。(別に他の俳優でいいだろ! もっと開けた土地に、もっと良い俳優がいるんじゃねーの?)

やっとの思いで刑務所へ行き、いよいよ撮影。俳優が仮面を着けステージに上がるが、何故か一言も発しない。 刑務所へ入るきっかけとなった「まだ見ぬ息子」に一目でも会いたいと泣き崩れ、撮影は中止となる。(あ~そうかい! もうどうにでもなれ!)

ここで健さん、なんと、「俳優とその息子を会わせる」なんてぬかしやがった!(オイオイ、すんげー余計なお世話だろ! どうやったらそんな発想できるんだよ!)

ここまで、上映時間は1時間弱、我慢できなくて途中で出ました。

退屈で寝てしまった映画はあるけど、途中で観るのを止めたのは初めて。

オイ、「単騎、千里を走る」の関係者、金返せ!

健さん「不器用」をウリにしてるけど、案外頭悪いんじゃね~の?

こんな映画に出演すんなよ!

2006年2月13日 (月)

交流会結果発表

高橋がなりさんブログの交流会行ったきました。

最悪の事態は免れたけど、二人っきりだった。

提案者のぎゃおすさんと俺だけ、良かったのか悪かったのか? 集合現場を遠くで見てたヤツがいたりしてね。

7時間くらい一緒にいて意見交換をしたけど、実際会うとやっぱり違うね。

有意義な時間だった。

詳細は後日ってことで。

今から、漫画喫茶で仮眠しま~す。

2006年2月12日 (日)

ジャーヘッド

昨日、六本木でフラフラしてたんだけど、暇だったんで映画を観ました。

「ジャーヘッド」

湾岸戦争時の兵士が主人公、なんて俳優だったかな?

米軍のイラク駐留がいろいろ批判されたりしてるんで、どうなんだろ?アメリカ本国での評価が知りたい。

でも、難しいよね。 今の日本人には「戦争」なんて理解できないんだろうから、一部の人を除いて。 俺もその内の一人だけど。

主人公がバカな事ばっかりやって「軽いノリ」で始まったのが、だんだん重~い内容になってくる。 戦争に「死」は付き物だけど、ほとんど戦闘シーンは出てこない。 戦争が題材の映画にしては異例なほど?

PTSDだったっけ? 思考もおかしくなりそうな状況下だから殺し合いができるんだろうけど、やっぱ、引きずるよね。

そこいくと、日本は平和でいいね。

まぁ、自衛隊が派遣されてるけど、殺し合いが目的じゃないし最前線にいるわけでもないから。

でも、先月だったかな? 「自衛隊員を殺害した」っていう声明があったようなことをニュースで聞いたけど。 その後、続報が無いみたいだから、事実じゃなかったのかな?

ブッシュもバカだよね、莫大な費用と犠牲を払ってまで続ける意味があるんだろうか?

「テロには武力で立ち向かう」という姿勢を貫くつもりでいるみたいだけど、いい加減気づけよ!

相手に銃を下ろさせるには、まず、自分が銃を下ろさなくちゃいけないってことを。

ハリウッドの映画によくあるじゃん!

実は、とっくに気がついてるけど、意固地になってるだけだったりしてね。

多分、何不自由なく育ったから、「人に譲る」なんて考えができねーんだな。

2006年2月11日 (土)

今、東京にいます

去年から何度か来ている東京、毎回一人。

今回は、高橋がなりさんのブログ(去年6月?終了、コメントは現在も継続中)の交流会に参加するために上京した。

といっても、公式な交流会ではなく、コメントを続けているある方の提案で開催?される。

皆さん集まるんだろうか? 提案者の方と俺だけかもしれない・・・

最悪、誰も来なかったりして?

たぶん、明日集まることに変更してくれると思うので、今日は遊ぼう!

これから六本木ヒルズでもブラブラして、夜はクラブ行っちゃうんです。

久しぶりにMちゃんと話ができるな。

たまにメールのやり取りしてるけど、やっぱ、会うのが一番!

別に、どうこうしようとは思ってないのだ、Mちゃんの夢を応援したいのだ!

本当~?

2006年2月 9日 (木)

底なし沼

ニート、世の中にいっぱいいるみたいだね。

俺も働かないで家に引きこもってた時期があるから、大きな事言えないけど、ニートの皆さんはどういう心境でいるんだろ?

働いてない理由は人それぞれだろうけど、引きこもる人は真面目で責任感が強いんじゃないかな?それがアダになって躓くみたい。

俺、高校を出てから勤めた職場に13年くらいいたけど、基本的にはやる気がなかったから取り組み方もいい加減だった。 人には恵まれていたし楽しい仕事もあったけど、どこか「嫌々」だったな。

そんな職場から解放されて気楽だったし、次に何をやればいいのか判らなくてプータローのままでいた。 でもねぇ、それが間違いだったんだね。

暇だとやっぱり遊んでしまう、でも、それを基本的に良い事とは思っていない。そうするとストレスが溜まり、そのストレスを発散するためにまた遊んでしまう。

という「悪循環」に陥ってしまった。

仕事をしないで1年間プータローでいた結果、両親やいろんな人に迷惑をかけて、挙句の果てに引きこもった。 知り合いには自分の姿を見せたくなかった、惨めな俺を見られたくなかった。

最初は家の農作業を手伝っていたけど、そのうち食事も喉を通らなくなって急激に体重が落ちた。気力も失われ、布団に入っている時間が長くなる。

理想の自分と現実の自分の狭間で葛藤を続ける、そして、自分ばかりを責める。 もうそこからは抜け出せない。

両親は俺のことを心配して、家族旅行を提案。 でも、たぶんその時点で決めていたんだね、俺を精神科に入院させるって。

旅行から帰ってすぐ、俺に「入院しよう、お前は病気だ。」と両親が告げる。

俺はひたすら「自分は怠けているだけ、絶対病気なんかじゃない!」と思い続け、抵抗した。 結局、4ヶ月も入院したんだけど、他に選択肢は無かった気がする。

やりたい事が見つからずもがいている君! 

やりたい事なんてそのうち見つかるよ、とりあえずバイトでも良いから働こう。 そりゃ、正社員になって働けるのが一番良いかもしれない、でも、形なんて気にしないで「社会の一員」になろうよ。

やっぱり、一人の成人としては、社会に貢献できてないと思うことによって精神的なバランスが崩れるんだよね。

2006年2月 8日 (水)

仙人になりたい!  ?

「仙人」

人間を超越した存在、俺の目標?

13年勤めた職場を辞め、1年間プータローだったことがある。9年前かな?

「定職に就いてる自分と、プータローの自分は「自分」には違いないけど、他人はどう見るんだろう?」

なんて考えて、いや、ただ単に「タガ」が外れただけかな?  ほぼ毎日、夜遊びしてた。

地元ラジオ(AM)の公開番組を何回か見に行ったり、その番組がたまたま終わるんで企画された一泊旅行に一人で参加したりなんて事もした。

コンサートにも行ったっけ、藤井フミヤ、スイング・アウト・シスター、相川ななせ、イエモンとか。

そうそう、イエモンていえば、こんな事があった。

イエモンの3時間超のコンサート後、いい気分で行きつけの安い寿司屋に行ったら、嫌なヤツに鉢合わせ。

一緒にバレーをやってた後輩なんだけど、試合後の酒の席で俺に絡んできて、あまりにも「低レベル」なんでチームを辞める原因になったヤツ。

5分くらいカウンターで大人しく座ってたんだけど、沸々とそいつに文句を言いたくなってきた。

おもむろに自分のオシボリをそいつに投げつけ、

「いい気になってんじゃねーぞ、こらぁー!」

そいつはキョトンとしてる。

「どういうことですかー?」みたいなこと言ってたけどよく覚えていない、とにかく口論になってそいつは泣いてた。

その後、何分くらい経った頃か? ひとつ下で、当時よく遊んでいたこれもバレーの後輩がそいつらと合流。

しばらくすると、今度は俺にオシボリが飛んできた。

当然、またまた口論、いや、喧嘩だ。

ひとつ下のヤツともめて、「じゃぁ、表へ出ろ!」って先に出ようとしたら、

入り口の戸に突き飛ばされた! もう、ここでピーク。

外へ出て、

「早く出て来いや、こらぁー!」

と言っても、いっこうに出てこない。

代わりに店主が出てきて、俺をなだめる。 俺も涙が出てた。

自分を落ち着かせて帰ろうと歩いていたけど、やっぱり腹の虫が収まらない!

店の前まで戻って、ひとつ下のヤツの「愛車」のドアを蹴って、ボンネットと屋根に上がってガンガン。 ちなみに、フロントとリヤのガラスを割ろうと思って蹴ったけど、全然割れなかった。

当然、ヤツは激しく怒ったね。

やっちゃった車の車種は7年落ちくらいのBMW3シリーズ、E30型の結構カッコいい車だった。

後日、「新車を弁償しろ!」なんて不良だった先輩を連れて言ってきたけど、

「ヤ○ザか?お前は!」って言い返して、

結局、中古のE34(525)の代金を払わされた。   トホホ・・・

仙人の入門書なんか読んで「気を練る」な~んてやってたけど、性格的に難ありだね。

とっても仙人なんてなれません。

でも、車の持ち主とは一昨年仲直りできてるよ、上辺だけかも知んないけど。

2006年2月 7日 (火)

この記事は問題があるな、だいぶ

いつも以上に意味深なタイトル、思いっきり思わせぶり。

何が問題かと言うと・・・

誹謗中傷覚悟で書きます!

何の確信もありませんが、

「オレンジレンジにはゴーストライターがいる」と思うんです。

オレンジレンジの楽曲の「作詞作曲欄」には、オレンジレンジ自身がクレジットされていまが、 どうもこれ、怪しいと思うんですよね。

いくつか理由はあるんですが、まず、デビュー曲「上海ハニー」でしたっけ? これのクオリティーが高すぎる!

次に、「花」の歌詞。 これの内容が特に注目なんですが、20代のニィチャンに書けますか?

ミスチルの桜井さんクラスなら納得がいきますが、そんなに人間性がいいようなヤツいましたっけ? 当然、高校時代の国語の成績は優秀なはずです。

三つ目は、何て曲だったか分かりませんが、「セニョリータ」って文句が出てくるやつ。

俺くらいの年代ならまだしも、「セニョリータ」ってあ~た。 20代のニィチャンがこの言葉をTV等で耳にする機会なんてあるんですかね?

沖縄出身だから、このバンドでいけるんじゃない? っていう「企画物」なんじゃない?

以上が俺の憶測です。

確かめる術は無いですが。

是非脱退した人に訊いてみたい・・・

2006年2月 6日 (月)

去年あたりから思うこと

凶悪な犯罪が犯されたり、凄惨な事故が起きたり、「世も末だ」「世の中病んでる」なんて言われて久しいけど。

どうも、時代は大きな転換期にあるようです。

人間が悪いことをやってしまった結果、事件や事故、自然災害が起きてるんじゃないでしょうか?  注:悪事と現象には、直接因果関係が無い事もある

地球的規模にみると、行為と現象が循環しているみたいなんです。

密かに悪いことをしても、結局はその人若しくはその子孫に悪いことが起きる。

仏教で言うところの? 因果応報というヤツです。

最近、「自分だけがいい思いをしたい」や「儲かれば何をしてもかまわない」なんて考えた結果、いろいろな人がニュースをにぎわせ、逮捕されたりしています。

清算の時期に来ているみたいですね。

「人間は失敗を繰り返して成長する」とは良く言ったものです、環境(自然、社会等身近なもの全部)が悪化して初めて気づくんです。

でも大丈夫、徐々に良くなる方向にあるみたい。

って、あなたがこの先どうかは判らないですよ、あなたの行い次第です。

どうぞ、良い行いをしてください。

脅かすわけじゃないですけど、

訳も無く殺される人の何代か前には、人殺しがいるんですよ。

多分。

2006年2月 5日 (日)

前途多難?いや、それほどでも・・・

熱血コーチのけんけんです、どーも。

今回はジュニアバレー(女子)の話。

去年の12月くらいから5年生が主体になってるんですが、最近、その5年生の新人戦がありました。

去年秋の地区大会(6年生が主)で優勝してたんで、今回は第1シード、それも、選手宣誓のおまけつき。

5年生、個性派揃いなんで人間的には期待大なんですが、バレーはというと、お遊びの仲間といった感じ。

取り組む姿勢に難あり? 他のコーチからよく檄を飛ばされてました。

去年1年間ではあまり上達が分からないほどだったんで、監督も「来年はダメだ!」なんて言ったりして。

試合が始まり、いよいよ2回戦の第1試合にうちが登場。当然、第1シードなんで注目が集まります。

事前に、「試合中はミスしたってクヨクヨしない、次のプレーで頑張ればいいんだ。声を出して、元気にやろう。」って言ってあったんですけど・・・

ふたを開ければ案の定、声は出ないし表情が硬い。 監督や俺の声も耳に入らない状況。

試合形式でやるのも2回目なんで、これもしょうがないかな?

1セット目はジュースで粘ったものの、終わってみれば2-0のストレート負け。

第1シードのくせに弱ぇ~! まぁ、予想通りといえば予想通り。 お早いお帰りでした。

でも、今の6年生だって、去年の新人戦の成績は2回戦負けだったんで結果は同じ。

そこから、秋の県大会で3位になれるまでになったんだから、5年生もこれからです。

俺は密かに期待してるんですけどね。

2006年2月 4日 (土)

2月ってどうして28日しかないんだ?

2月は28日間、これは誰が決めたんだ?

暦のできた訳なんて調べたこと無いんで分からない、どうしてなんだろ?

31日まである月が7回もあるんだから、2回ぐらい一日ずつ削ってもいいんじゃない?

そうすれば、30日の月が3回も増えるから均等に近くなるじゃん!

でも、2月を28日間にしたのは、きっと重要な理由があるんだろうな。それじゃなきゃおかしいもん。

って、無知な俺の妄想はつづく。

次回の妄想、「地球は何のために存在するんだ?」編。

そのまた次は「いや、宇宙は?」編。

て、んなこたぁ~ない!

2006年2月 3日 (金)

スピードは麻薬

俺、車の運転大好きです。

高速道を300㌔くらい移動するときも、空いていればノンストップで目的地まで行ったりします。

運転マナーは守るように心がけてますが、スピード出しちゃうんですよね。

一般道の追い越し禁止じゃないところだと、すぐ100~120㌔程だして追い越しします。

中途半端に追い越しすると変なのが絡んでくるんで、「頭おかしいんじゃない?」って思われるくらいに次元の違いを見せ付けます。

でも、普通に走ってるとたま~に変な奴がいるんですよね、前が詰まってるのに煽ってくるヤツとか。

ケツに付かれて煽られたら、まず、俺スピードを落とします。40㌔出ないくらいでわざとチンタラ走る。

そうすると、車間距離を空けるヤツもいるけど、大抵追い越してきます。

そうするとしめたもの、陰湿な自分が顔を出して煽り返します。

時には、一般道なのに180㌔でカーチェイスなんてことに発展! そのスピードでもテールツーノーズで突っついてやる。

アドレナリンが分泌されるのか心臓もドキドキ、でも、あくまで判断は冷静に。

迷惑なヤツにはお灸をすえないとね。

な~んてやるけど、結構道を譲る方ですよ。

2006年2月 2日 (木)

四十手前ですが、ダメですかね?

ワタクシ39歳、独身のうえに彼女もおりません。 でも、一方的に妻と呼んでる対象はいますよ、お金が無いと会えない妻ですけどね。

体調も頗る良好なんで、性欲も年齢以上のものがあるようで、仕方なく(ホントは喜んで)風俗なんかを利用しているわけです。

普段、どんな女性とも気軽に話はできるけど、ナンパなんてした事もないしやろうとも思わない。

こんなワタクシですが、極端な話、好みの女性がいれば見ているだけでもいいんです。それでもワクワクするんです。

最近も、二十歳くらいのアイドルの写真集買いました、変わってますかね?

40ぐらいの歳になると、あんまりアイドルの名前なんて興味ないみたいだよね。

でもいいんです、自分が楽しいことは遠慮しないでやるんです。

2006年2月 1日 (水)

いい加減払えよ!

俺がバイトしてたキャバクラの経営者Wは最低! 働いてた奴等もバカばっかり。

店の生意気キャバ嬢の一人と口論(いや、注意したら、一方的にキレられた)したりして、何回も不愉快な思いをした。2回も「こんな人と一緒に仕事はできません、辞めます!」って言ったけど、なんとか頼むと慰留された。

「女のコより、○○さんの方をとります!」

こんなWの言葉に乗せられてバイト続けたけど、お人よしにもほどがあるよね。

12月の中旬のある日の勤務中、17歳のボーイの兄ちゃんに注意したらまたまたキレやがった。 ちょっと忙しいとこれだもん、レベルが低いったらありゃしない。

「キレるからには、覚悟ができてるんだろうな?」って探りを入れたら、

「てめーが悪いんだろうが! なんたらかんたら・・・」     ダメだこりゃ。

バカバカしいんで、その日で辞めた。

勤務中に、「お世話になりました、今日で辞めます。」ってWに言うと、

「マジですか・・・」という答え。

閉店まで勤務して帰ろうとしたら、店を仕切ってるチンピラ大学院生が、

「○○さん、どうしたんですか? 大人気ないですよ。 辞める理由を言ってください。」

と嫌味ったらしく訊いてきた。

俺は、「別に今日の事が直接の原因じゃないですよ、もう理由なんてどうでもいいです。」と言ったら、

「はっきりした理由もないのに辞めるんですか?」と、あくまでもいやらしい態度。

あんまり話を続けるのも嫌だったんで、

「Wさん、来月の給料日前に電話するんで、12月の今日までの分は後で取りに来ますよ。」と言うと、またまたチンピラ大学院生が、

「うちは、理由も無く辞める人間に給料なんて出せませんよ!」

カチーン!!!!!

「あ~、どういう事だそりゃ!」

口論の挙句、「あーそうか、んなこと言うんだったら、そんなもんいるか!」

売り言葉に買い言葉、短気な自分に反省。

いらないとは言ったものの、10万円以上の給料を捨てられない!

1月の給料日に店に電話して、払ってくださいとお願いした(バカ経営者の携帯に直接かけても出ない!なんで、社長に頼んだ)。

「一応Wさんには伝えます、連絡させますよ。」という答えだったけど、一週間経っても連絡が来ない。

こうなりゃ最終手段てことで、労働基準監督署に相談に行った。

今週、労働基準監督署から店側に連絡が行ったはずなんだけど、全然Wから連絡がありません。

W、いい加減給料払えよ!  テメー金いっぱい持ってんだろ!

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31