« T、お前隣の家の猫だろ! | トップページ | シュワシュワってなりません? »

2006年1月 6日 (金)

ありがたいです

二日間記事を書かなかったにもかかわらず、アクセスしてくれてる人がいるのはありがたいことです。

昨日、久しぶりにばぁちゃんが家に帰ってきました、帰ってきたといっても夕飯の後すぐ戻ったんですけど。 

どこへ戻ったか? 今大流行りの「老人介護施設」です。 去年の11月に病院から施設へ移ったばかりです。

うちのばぁちゃん軽い認知症(痴呆)で、歩けなくて、30年位前から糖尿病なもんで、4~5年前から入院してました。 某病院の隔離病棟。

世の中には「ボケ老人」がいっぱいいるんですね、初めてばぁちゃんの見舞いに行った時ビックリしました。 それも、うちのばぁちゃんみたいな軽症から、意味不明なことしか言わない人まで様々。

寝たきりで叫ぶ人、廊下を歩き回ってばかりいる人、違う部屋のひとのベッドで寝てしまう人、俺を息子と思い込む同室のばぁちゃん、などなど。  

うちのばぁちゃんなんてカワイイもんです。 愛想は良いし、冗談もよく言うし、昔のことを話していればボケてるとは見えないでしょう。 

でも、こんな事がありました。

県外に住む叔父が見舞いに行った時のことです。 

ばぁちゃんは叔父に、「どちら様ですか?」と訊いてしまいました。

若い頃に比べれば確かに劇太りしたとはいえ、叔父は相当ショックだったことでしょう。 

自分の母親が自分を分からない、それも居合わせた人の中で自分だけ。

そんな叔父は一昨年の暮れに脳梗塞で倒れ、2日後に他界しました。 実の母親に「他人」と間違われ、二度と会うことなく逝ってしまったわけです。

ばぁちゃんは末っ子である叔父を一番可愛がり、いつも気に掛けていたみたいですが、最後は最愛の息子を皮肉にも認知できなかったのです。

« T、お前隣の家の猫だろ! | トップページ | シュワシュワってなりません? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/252443

この記事へのトラックバック一覧です: ありがたいです:

« T、お前隣の家の猫だろ! | トップページ | シュワシュワってなりません? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31