« お金の使いすぎだー! | トップページ | 細木数子さん、おめでとうございます »

2005年12月31日 (土)

あなたのお名前なんてーの?

名前ってだいじですよね、「名は体をあらわす」なんて言いますし。  最近、自分の名前が、「母親の思いつき」でつけられたって初めて知りました。 思いつき・・・ 俺が母親似ってことを再認識しました。

さて本題に。  

うちの祖母の実家にK作という人がいます、近所のまとめ役らしいのですが。  この人、実はうちの曾祖父とおんなじ名前。 それは何故か、なんとなく想像がつきますか?

そう、祖母の兄はうちの曽祖父の人柄を認め、自分の長男も「こんなふうになったもらいたい」ってことで名づけたそうです。 う〜ん、いい話だ、でも、よくある話かな?

ところがこの曽祖父、なかなかの曲者でした。

うちはもともとここ(現在の居住地)から30kmくらい離れた町に住んでいたそうです、時代にすれば明治時代、曽祖父が若い頃まででした。 何故ここに移り住んだか?

なんと!  曽祖父は博打にハマッてしまい、なんとか少しの土地は残せましたが家を処分しなければならず、逃げるように東京に出たようです。 いくつか職を換えたそうですが、なかなか大変だったみたいです。 

それから、ちょうど故郷で大規模な治水工事が始まり、こっちへ帰ってきました。 今では「別荘地」なんてかんじで「住みやすい所」と言われてますが、何人もの人が諦めた「農地としては条件の悪い土地」だったそうです。

そんな悪条件の中、曽祖父はひたむきに頑張り、やがて祖父の代へと受け継がれました。 祖母の兄はそんな姿を見て「真面目な人」と評価したようです。 「博打にハマった情けないヤツ」とは、全然気づかなかったんですね。

よく言われますが「人間、やり直しなんていつからでもできる」、 確かにそうだと思います。 犯した罪をよく反省し、罪を償ったうえで一からやり直す。 かといって、犯してしまった過ちが非常に重い場合は、やり直しができないこともありますが。

現在、様々な犯罪を犯す人がいます。 また、その再犯率が高い、なんてことも耳にします。   

「社会に復帰したが仕事がなく、ムシャクシャしてまたやった」と供述している。こんな話もよく聞きます。  犯罪を犯してしまった人を阻害したり、敬遠したりしてるんじゃないですか?

もしかすると、「あなた」だって犯罪者になる可能性もあるんです。 もう少し長い目で見て、更生し易いような社会にできないでしょうか。

まぁ、「バカは死んでも直らない」ようですが、それでも機会を与え続けなければならないのではないでしょうか。

« お金の使いすぎだー! | トップページ | 細木数子さん、おめでとうございます »

コメント

pdjaghsze ibqnvmel scfijvauh otbpevhz hgpwcm ycpfrvegd vojcbx

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15858/190526

この記事へのトラックバック一覧です: あなたのお名前なんてーの?:

« お金の使いすぎだー! | トップページ | 細木数子さん、おめでとうございます »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31